So-net無料ブログ作成
検索選択
【特別枠】個人的神アニメ★総感想集 ブログトップ
前の7件 | 次の7件

けいおん!!ライブイベントⅡに行けない同士へ捧ぐ…。 [【特別枠】個人的神アニメ★総感想集]

最近またけいおん!!情報ばかりでっすね、うん。…えぇ、今日もです。
DVDの9巻が発表されて27話にトキメキ過ぎてます。明後日の重大発表とか生きる糧。

ポケモンBWには「第3のバージョン」が存在しないとか、一応WCS2011向けに戦闘要員を作ったとか、だから対戦の練習して欲しいとか、ミジュマルが加齢臭とか、レベルEが今絶頂!とか、来週3DS発売とか、面接練習の時点で怖すぎたとか(最後の何)色々語りたい事はあれど、明日開催される「けいおん!!ライブイベントⅡ」に向けて、本日はけいおんソング振り返ってみたりしますよ。 …行けない者のさり気無い抵抗です。

▼個人的にはけいおんソング代表=ゴーマニです。

一年前、初めて聞いた時のワクワク躍動感を思い出しますねぇ…本当に嬉しかった。
2期再開の嬉しさも勿論、めまぐるしく動く映像に感激!神OPとはこの事。
ライブじゃやっぱり一曲目を飾ってくれるんだと思います。


歌詞の力強さ半端ない!さすが日笠さんです。
映像も1期ED程の感動は有らずとも、サビは今でもNo,1の名曲です。


Utauyo!…は実はOPアニメはゴーマニより好きではないのです!(ぇ
しかし歌詞が…もう歌詞が…明るい曲なのに切なくてたまらないのです!!orz


けいおん!!最後の曲にして屈指の一曲「NO,Thank,You!」
「外と中」な世界観と制服を着こなすHTTのアニメも勿論ですが、曲の力強さときたら!
…万が一、ライブでもし一曲だけ聴けるならこれを選ぶと思います。

…と、この4曲(と締め)は勿論披露されると思うのですが、時間の関係上、他の曲全部歌ってる時間があるのかという。当然トークやサプライズ発表なんかもあるでしょうし、各声優陣が最低一曲(キャラソン)を省くとは思えないので、昨年歌った一期の曲や劇中で披露されてないHTTソングは省くのかなぁと思ってみたり。

▼去年同様、今年も考察してみますよ!
・ぴゅあはー
⇒OPEDを除けば、個人的には一番好きな曲です。披露される可能性も高いかと。
・五月雨20ラブ
⇒隠れた名曲代表だと思うのは自分だけでしょうか?って事で可能性は高い気が。
・ごはんはおかず
⇒無茶苦茶な曲ですが、盛り上げには一番向いてますよねw
・U&I
⇒この神曲を歌わずして何を歌う!? 豊崎さん&円さんの姉妹コラボとかアル、ゼッタイ。
・天使にふれたよ!
⇒しっとり系が少ないのでまぁ確実にあるかと。重大発表での熱を冷ますため最後にぜひ。

~~~とはいっても、好きな曲は人それぞれなので「1番だけのオリジナルメドレー」的な感じもありえそうですね。一応全曲歌った感もありますし…。万が一、喉が潰れてでも2番まで全曲歌いきったら声優陣様に合掌モンです。ムギキャラソンをせず「はにすぃ」にする可能性もありそーでは?

▼んで、上記で挙げた通り、キャラソン一曲目はありますよね。

澪の軽音部への想いが詰まった至高の名曲。2期キャラソンNo,1です。

律は普段歌わないポジですので斬新です。歌はともかく、律らしい歌詞が素敵です。

和さんの一曲目なので十分可能性はある…かも。地味に好きな曲です。

▼そしてアンコール(締め)は当然…。


---------
って事で当日は去年同様にTBSホムペで「劇場版の公開日(推測)」を更新ボタン連打しながら待ちつつ、作業用BGMで改めて全曲聴きますか!去年の2期発表は夜の7時位だっけかな。

              以上、「わるあがき!!」でした。


▼おまけ。ところどころけいおん!なのが辛い。

細かい表情や仕草にこのアニメ会社の本気を見ますね…。
アニメだからと何でもかんでも見る廃人ではないので、問題は内容ですが…。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:アニメ

けいおん!!語り其の一五 25・26話&二期の総感想 [【特別枠】個人的神アニメ★総感想集]

▲21~24話感想はコチラ!⇒ http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2010-09-16

放送終了から一ヶ月経ちましたが、ようやく最後の総感想です!
約2年、名場面から名言までよくもまぁ、ここまで書いたモンだと自分自身が情けなく思う。(ぇ

この作品に出会えたことが、何よりの幸せです。.jpg
さて、1期から続いた総感想も「けいおん!!」としては最後です。頑張った自分に拍手。

------------------------
▼番外編(25話)「作戦会議!」
何だかんだで、まとめ役w.jpg純ちゃんが可愛過ぎる件。.jpg
久々のコスプレ?.jpg可愛過ぎて、思わずむせた瞬間!(鼻血).jpg
注目箇所:「謎の冒頭w・ぶつかる唯・★→オドオド澪(鼻血)・嬉しそうなムギw・ひっつき澪w・部長は大変です・もうもぐ澪・ターミネーターBGM?・ハリウッドの予告篇・何故衣装に走るしw・澪の顔・和さん!?・(仮名)w・きぐるみ再・看板がドンドン酷く…・ムギの構想(再)・2年組が考える姿全般可愛過ぎる!・チュー顔純ちゃん(鼻血)・先生の衣装とふ抜け顔w・ムギ、構成に組み込む気w・グリグリチョップ!・一昨年の伝説・チラ観唯w・小芝居・大福の陰謀?・w澪・PVにモブ大集合!・いちごちゃんw・和ちゃんの笑顔!(鼻血)・誰だお前は!(律)w・てへっ♪(再)」
名言:「こぉら唯!・いっそ殺して…・エロ親父自乗しろ!・だから性質悪いんだよ!・フム?・装備OK!・軽音部にようこそ!にゃん♪・うっしっし・アチョー・チェケラッチョイ!・和ちゃんアタイって言った…・ひ、ひぃ!・私死体役ですか…・思考パターンがさわ子先生と似てる…・良かったねぇ~トンちゃん・じゃあやっぱりココでタライを落とすしか…・ヘヘ、また失敗♪もう一回!・ウリウリ~・ウェル米~お米最高!・どないやねーん!・面白い人達ですw・最後だけカットしてください。・やっぱりカットですー!」

              『軽音部にようこそ!にゃん♪』byあずにゃん

最後の梓が可愛過ぎて死にたくなりました。Bパート突入後の考える梓が可愛過ぎて死にたくなりました。…あ、2回言っちゃった。まさに「てへっ♪」(はいはい。)
…あ、後2年組…特に純ちゃんの可愛さも神がかってたと思うのでs(略)

最終回の後なので軽音部のその後の話かと思えば、受験前の話の番外編。
1期の頃からけいおん!の予告には毎回、騙されっぱなしだよ!!?
『可愛おもしろい!』
…そんな言葉がぴったりな番外編1。ツッコミが追いつかない程ネタ連発&モブキャラ祭りと言ったところでしょうかネ。笑いどころが多過ぎて、ツッコミが追いつかない構成でした。特に…
・妄想PV(inハリウッド)のインパクトの強さw
・律のモノマネボイスの破壊力w
・PV、先生の編集なので自分のところだけ演出凄いw 
「一体1話でどれだけ笑いを取れば気が済むんですかwwwwwww」

…にしても、気になった事が一つありまして。
あえてこのタイミングで過去の話に戻ったのはオモシロイ構成ですよね。
DVDの関係とかもあると思いますが、近頃のけいおん!!は最終回に向けて凄く走り気味で卒業を感じさせる感動的なシーンも多かった。途中でこういうお笑いタイプの話を挟まない事(短期間で卒業式までを描く事)で、感動や梓の心情を逃がさないようにしてるのではないか?と勝手ながらに思ってみます。
推測が正しいなら全く、この作品を見直す度にアニメの作り込み度の違いを感じさせられますネ。
…演出の仕方で京アニさんの右に出るものはいないなー!❤

勉強シーン(唯澪)は憂の嫉妬かと思ってしまった自分、自重です。

▼番外編(26話)「訪問!」
完全に包囲されているw.jpg最高の青春を、ありがとう!!.jpg
最後の夫婦漫才….jpg苦痛を伴う痛み.jpg
注目箇所:「ギョロ目ェ…・DVD4巻ジャケの秘密!・何気に食べ物で遊んでたムギw・輝くオデコ・律、笑い我慢してたのか!・梓(ぷぅ~)・想像で飛んでくる唯w・振り返る澪の美しさと驚く澪の可愛さ(照)・ときめく3人w・ピンポンダッシュw・隠れるムギの顔がwww・彼氏w・茶番劇中の澪の顔w・謎の手・澪―ラw・澪の連続攻撃→もだもだ律、最後の夫婦漫才!・勝利のチョキ再び・梓の優しさ・今度はDVD2巻ジャケの秘話!・写真撫でるさわちゃんふつくしい…・デスデビルの皆様・留年!?・ムギの本気…でも体力が…・練習ムギ(鼻血)・DVD7巻ジャケの秘密」
名言:「浮きます…それ前やった(今度は3巻w)・直球過ぎだー!?・同級生の人、前髪変・和も和だな…・お前は手懐けるな・8時過ぎまで寝てられる極楽人生だねぇ・何をするんですか澪サン…!?・彼氏が来てる…とか。・こういう者だ!・わるぅござんした。・あはぁ、セクシーw・平沢唯という子の…・可愛いじゃない、唯ちゃんっぽくて・ムギちゃん勝って!・ふんふん!ふんすっ!・黒い下着があった…・逃げろ~!・ぁ、飛び遅れた…。」

              『大丈夫!軽音部はなくならないわ!!』byさわ子先生

遂に「本当の最終話」を迎えるけいおん!!26話…。
時間軸が最終回の直前ということもあり、素敵シーン満載の話ですね!でも決して全体がシリアスにならず、最後の最後まできっちり日常ネタが満載な辺り、けいおん!の主旨を忘れてないのがさすがです。
2期は話数も多く、誰か一人の視点の話も多かったですが、しっかり5人全員の良いところを表現してくれてあったりで。…最終回より最終回らしい最終話というべきか。

特に自分が感動したシーンの1つは「廊下を4人で駆け抜けるシーン」!
いつも見ている場所なのに、通るのが最後だと思うと切ない…。自分も進路が決まって学校が半日あったりした日には何故か一人で校内をウロついた身なので、またしても唯にシンクロしてしまったというか…。夕日に照らされながらってのがまたオツですね!
…そしてもう一つ。
「…静かになっちゃんだなぁ…」と呟きつつ、4人の写真を撫でるさわちゃん先生の描写が素敵過ぎますね!ここは本当に切なかった…。本当、視聴者の視点にも重ねてるというか…感動したと同時に京アニさんから最期の「愛」を頂いた気がします。

今まで触れてなかった律の手の件や、1期のDVDジャケットの秘密とも絡ませつつある意味、全ての伏線を消化するストーリー。本当にうちのTV上でけいおん!を拝むのは最後なんだなぁ…としみじみ思いました。

※浮きますの件で、叱られる唯を観てムギが慌ててミカンを戻してたりw

--------------------------
-------------
---
▼そんな訳で、遂に伝説の作品「けいおん!!」は幕を閉じました。
本当はもっと涙ながらに色々語る予定でしたが、今回が最後ではなく、皆さんご存知の様に「映画化」も残ってますからね!!この作品の本当の結末をこの目で見るその日まで、最後の感想は控えておこうと思います。

…といいつつ、2期確信してたのに1期終了後も書いたので、2期全体の感想を少々。
まずは何と言ってもキャラクター達が最高に輝いていた」事です!
1期では主人公である唯が音楽に出会い成長していくのは当然の事、「嫁にしたい子1位」という爆発的人気を得た恥ずかしがり屋の澪が、仲間たちと出会いそれを克服する姿が中心に描かれてましたが、1期では出番が比較的少なかった律紬梓がとっても素敵に描かれていました。

本当…!?.jpg靡く髪が素敵….jpg    
まずは何と言おうが梓!後半になるにつれ彼女の視点の話が多くなり、先輩達の姿を通して視聴者共々「けいおん!」という作品の別れを意識させるのが凄いと思います…というと、作品のクオリティの話になっちゃう訳ですが…。
梓自身も1期の頃に比べて物凄く成長してると思うのです。入部したての頃はギターがうまくなる事だけを考えて、先輩達のちょっかいもあれだけ嫌がっていた梓も、軽音部を通し「音楽を相手に伝える」事の大切さを知った様に感じますし、20話のライブ後で泣かなかったのも「ここで泣いたら先輩達が更に辛くなる」とか思ってたと思うんですよね。梓は本当に先輩達に愛し愛されな2期の梓だったと思います。

 りっちゃんの笑顔に勝るものなし!.jpg律は私を惚れ殺す気ですか(はなぢだらだら).jpg     
そして律。当然印象深いのは彼女が主役だった3話かと思いますが、実は全体の話のさり気無いところで彼女の良さが少しずつ伝わってたと思います。
まぁ基本ムードメーカーで考え抜かれたボケが定番の彼女ですが、いざという時個性的な面々をまとめ、正しい方向に導いてたのは彼女でした。やっぱり「部長」としての自覚があるからこそだと思いますが、自分の出来ることと出来ない事をしっかり理解してるといいますか…。
3話は勿論、11話(他)で真面目な澪が暴走するとそれを止めに入ったり、16話の「裁縫苦手だから、代わりに料理する!」件にもそういう律の良さが出ていたと思うのは自分だけでしょうか…???

 レッツ虫よけ!.jpgツッコミ待ち!?.jpg
でも2期で一番輝いてたと申すなら、やはりムギちゃんでしょうwww
1期は気取らないお嬢様キャラ故に、出番が圧倒的に少なかった彼女でしたが今期は違った!各話で垣間見せる、持ち前の天然ボケが冴え渡ってましたね!本気のボケは唯をも超えると思う!!
…笑いの面で目立っていたのは誰が見てもわかりますが、個人的には1期の頃からの持ち前の「仲間想い」さが垣間見えましたね。4話で枕の硬さを確認したり、14話では「叩かれたいけど、そのために仲間を傷つけたくない」その優しさに感動しました…。
20話ライブ後、一番最初に涙を流していたのも彼女でした。意外というべきか、当然と言うべきか…。軽音部と出会い、色々な「初めて」を経験し心からライブを楽しんだ彼女だったからこそ初めて涙を見せたんだと勝手に思います。

歌う時の表情さえ手を抜かない丁寧さ。.jpg髪ぼっさぼさ。。。.jpg
和ちゃん、眼鏡凄いですよ★.jpg懐かしの「てへっ♪」.jpg
…まぁこの3人に限らず、サブキャラや唯と澪も輝いていたんですけどね!
唯と澪は1期で成長し過ぎたので、2期ではその安定感を保ち続けたというか…。か、書こうと思えば全員分語れるんですけどね!長くなりそうなんで、この2人は1期の方の総感想を観て頂ければなぁと思います。

-----そんで京アニクオリティを実感したのも2期ですね。
【細か過ぎる表情、数多き伏線、手を抜かないモブキャラ、まるでそこに居るかのような淡い背景、世界観に引き込む数多きBGM、視聴者の隙を突く次回予告…etc.】
本当に視聴者を引き込むのがうまいですよね。他のアニメを色々観てきましたが、ここまで作り込まれ、愛のある作品は生まれて21年初めてだったと思います。きっとスタッフ全員が心からこそ作品を愛しているからこそなんだろうなぁとしみじみ思いました。

-------------で。
「2期になったらだらだら長くなって、面白くなくなった」という声もよく聴かれます。変な話、自分も1期の方が話数も少なく、更に原作を読んでいなかった事もあり、毎週真剣に楽しんで観てた気がします。でもそれは仕方ないんですよね。1を超える2なんてのは、世の中には全くと言っていい程存在しませんし。故に作品を楽しんだ事や衝撃度なら1期の方が上です。
…でも作品としての質の高さを評価するなら断然2期でしょう!!
↑で語った通り、本当にこの作品には愛を感じます。他のアニメも手は抜いてないだろうけど、お遊びで作ってる様な最近の○タク狙いオンリーのアニメには「全力で見習ってほしい!」とすら思わされる出来栄えだと思うんですよね、2期は特に…。

~~~なんて口下手な癖に語ってたら結局だらだら長くなってしまいましたが、とにかく「けいおん!!」は最高の作品でした!ワタクシ「けいおん!!」を超えるアニメにもう一生、出会える気がしません。それほど素晴らしい出来の作品です。…だからこそ毎週のリアルタイム感想も、見直し感想も時間がいくら書かれど苦ではなかったのですが…。こんな長文、一生書く事もないだろうなぁ。
命の糧が消えると言う某事件で本気で死にたいとすら考え、病んでいた私に結末を観るまで死ねない!と心から思わせてくれるだけでなく、しょうもなさ過ぎた自分の青春時代を代わりに桜花してくれた彼女達と、世の中にこの作品を送り込んだスタッフの皆様に感謝の極みです!心から有難う御座いました!!

最後の放課後ティータイム.jpg5人集合絵は落ち着く。.jpgずっと永遠に 一緒だよ….jpg「私達の曲、聴いてくれる?」.jpg

         思い出を胸に秘め、次のステップへ…!!!.jpg
「放課後ティータイムは、永遠に放課後です!!」よ皆様!!





最後の「むぎゅう!」.jpg
----え?で、この前の「けいおん!!バトンはどうなったのかって?」
10/31現在、まだ出来てないのでまた改めて…。(オィィィィ!?
ホラ!まだ新キャラソンも残ってますし、特に名場面や名言が多過ぎて、この小さい頭の中に覚え切れてないんですようん。(逃げた。)(逃げたな。) …スイマセン、名場面の厳選、なるべく早く終わる様に頑張ります。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

けいおん!!語り其の一四 「放課後ティータイムⅡ」一言感想&歌詞 [【特別枠】個人的神アニメ★総感想集]

放課後ティータイムⅡ 歌詞やら第一印象やら ※フラ聴注意!★

・「嵐にしやがれ」で修造さんの「シジミがトゥルルの破壊力!」
さて、やっぱり今日でしたw 結局半年待ちましたよね、いちごやハニスィは…!!
無駄な戯言は抜きにして、早速視聴してみます…。

    --------【♪フルアルバム 「放課後ティータイムⅡ」】---------
▼「いちごパフェが止まらない」

⇒予想通りボーカルは唯ですね。サビのノリ最高!今作の中でHTTらしい曲ではないでしょうか?

♪バニラといちごのハグ
誰より お似合いの二人なの…「ラブリハッピー!」
純白レースのホイップ 甘くてうっとりしちゃう位…ふりふりよー!
とろける前に 急がなきゃ 心に栄養上げなきゃ
今日の夢の 味は パーフェクトです!

体中流れる sweet sweet ベリーソース 
熱いガールズトークの 原動力なの まだまだjoy joy!
頑張った自分にご褒美を あげて また頑張ろう~!
いちごパフェが 止まらない!!

▼「Honey sweet tea time」

⇒一番待ってたムギちゃんソロ! キャラソンで聴いたとはいえ、さすがの歌唱力です寿さん!!

♪ハチミツ色の午後が過ぎていく (Honey sweet tea time)
ハチミツ色の午後が過ぎていく (Honey sweet tea time)
マカロンの飛行船 時計はラングドシャ
胸がキュンとなる方へ 出かけようー!
笑顔の花咲く空の下 溢れてしまうの 好奇心 マキシ?
赤道色のリボン架けた 地球はお菓子箱 夢詰まってる!

▼「五月雨20ラブ」

⇒ひよっちさん曰く「ありそうでなかった曲」 EDの雰囲気全開です。

♪Raindropus? 振りだす雨 なんて綺麗なの?
ソーダ水みたいにね 町のあくびを止めるの?
3粒数えて 大粒のをおデコでキャッチ!
雨は 私に話しかけるよ
きっと 5粒目はね 小鳥のミニティアラ
そうね 7粒目は 電線のペンダントトップ
8粒 まつげに 9粒目は 葉っぱとダンス
恋しちゃったのかな? 10粒目じゃまだ分からないの

20(トゥェンティー)ラブ まだ淡い 夢は水彩画でも…
虹を 描く筆は この胸にあるよ

▼「ときめきシュガー」
⇒本当に実現した歌詞が、とにかく甘過ぎですwww こんなにノリが良くなるとは…。

♪大切なあなたに からめるソース  「グラニュー糖に ブラウンシュガー」! 
大切なあなたに からめるソース 「メープル 蜂蜜 和三盆」!
あなたの為にカラメルソース 私のハートもカラメルソース
ちょっぴり焦げついちゃっても 貴方の火加減で おいしくなるの!

I’m 恋のパティシェ ?
甘さ控えめな貴方に 自家製のソース かけちゃおう!
ずっと見てるのに 何故貴方は気付かないの?
味見したく なったら 言ってね…ほっぺが落ちるよ❤

▼「冬の日」

⇒澪は律に却下されたので唯が…? よくあの歌詞をここまで名曲にした…!テンポが◎!!

♪どんなに寒くても ぼくは幸せ
白い吐息弾ませ 駆けてくキミを観ていると
切りそろえた髪が とても似合ってる
でも 前髪を下ろした君の姿も見てみたい
何から話せば いいのかな?
好きから始めて いいかな?
舞う雪 踊った気持ちみたい!
なんか 嬉しいね!!

▼「天使にふれたよ」

⇒涙腺堅い私を揺るがした神曲! ラストサビ「駅のホーム~」の破壊力健在ッッッーーー!!! 
梓(リスムギター+)はいつ時録音したのかは夢を壊すので中略orz

※歌詞は24話時の感想(リアルタイム感想の方)を参照で。

▼「放課後ティータイム」

⇒最後に相応しい一曲!全員ソロパートがあるとかもう感動で涙がババババババ(昇天)
今度またライブを開くとしたら、アンコール曲はこれで決まりですねw

※歌詞⇒ご自身でどうぞ!(ぇ

-------------
▼体力が尽きたので基本1番のみで…。。。。。
「Cassette Mix」の方は…。楽しそうにはしゃぐHTTを聴いてると、色々思い出してしまいもう感動で前が見えなくなるというか…「ごはんはおかず」のノリッコミっぷりがwww 「りこぴーん!!」

余計なトコもやっぱり録れてるーーーーーーーwwwww!!!!????
そして懐かしい曲の数々!(まぁココ2年は毎日の様に作業用BGMにしてますが。)
微妙に「ミニアルバム」時と違ってたり、些細な違いを調べてみるのも面白そうです。
…これ全部一度に録音したかと思うと、りっちゃんの体力が心配であります!
っていうか絶対この曲数を2度でとか、無理だと思うんですがそこは中略2…orz

▼新曲数回聴いた中では…全体的なら「HTT」 曲風なら「冬の日」 歌詞は「五月雨」が好きかな…?
「天使にふれたよ」は2番も神でした。もうこの曲卒業式に歌わせてくれ…(うわっ
例年通り「?(半角)付き」は自信ないです。
それにしても、一度に6曲も覚えろとか馬鹿には厳し過ぎますよ!!

憂が近さに嫉妬してるのかと思った….jpg
それにしても…これでHTTとしての新曲はもう一生?拝めないって事ですよね…。
毎回本当に楽しみでした。楽しくもあり、可愛くもあり、涙もあり…。最高のバンドですよHTTは!


さてHTT全曲出揃いましたし25,26話分も含め、とっととけいおん!!総感想を書かねばですね。

DVDの謎、遂に明らかに!.jpg
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

けいおん!!語り其の十三 (21~24話+@) 総感想!! [【特別枠】個人的神アニメ★総感想集]

▲18~20話+@はコチラ⇒ http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2010-08-28

後期が始まっても!ポケモンBW発売直前までに!!…と、忙しくなる前にガッツリ最終回までの「総感想」を書いちゃいました。番外編があるとはいえ、本編はこれで最後。なんかもう涙で前が見えません…。
未来の階段!!.jpg
…だらだら長文自重ですが、いつも以上に全力なので読んでくだせぇ…。

----------------------------------------------
▼21話「卒業アルバム!」
5人集合絵は落ち着く。.jpg絶対おかしくねーし!.jpg
ホントに酷いよ、和さんw.jpg梓の顔w…唯分身の術!.jpg
注目箇所:「唯も乙女w・靴w・学園祭の傷跡・梓の目w・素面でクリップは酷いです和さんwww・留まるか!w・ムギちゃんの髪結び・唯はでこNG!・デコ先輩・梓の心配・梓ペロペロ・混じるな先生w・優秀澪・トリオ漫才成立!!!www・澪珍しく狙いボケ・さらさら律の毛、おかしくねーし!・さすが旧友・写真写りよろし・マンボウ!w(再)・大人しければ超美人!・前髪の件・唯の呼吸w・久々のデフォルメw・くしゃみw・プルプル…・気絶する梓と澪ww・慰めの栗・ムギ様お怒り・髪よりはおやつ・お気遣い・何故ピースw・廊下ではしゃぐムギ!」
名言:「平沢姉妹似過ぎ・ふぬけてて…・今日の私はいつもの私じゃないのです…・こういう犬見た事あるわ・ヴ、こういう時だけ鋭い・暴力よ暴力!・失礼な子ねェ!・そこは私もツッコミたいぞ・ギャグなんだけど・今回はバッチシ決める!・この辺・何故・ムギちゃんはぽわぽわでいいんだよ~・ぷw・まとも過ぎる位まともだ・そこはツッコむところ?・ふんすっ!・子供か」

          『私も皆と一緒に勉強して、出来たら、出来たらだけど…。
                           私も一緒の大学にいければなって。』 by澪

一番の大舞台、学園祭も終わり遂に進路に動き出す軽音部一同。
「そんなに受験は甘くない!」とリアルに全く勉強もしてない自分が言うのも何ですが、それが彼女達らしい決断ですよね。澪は全編を通して真剣に悩んでましたしネ。結果は原作で先読みしちゃいましたが、それでも頑張ってほしいなぁ。

前話で唯一泣かなかった梓は何だかんだで一番引きずってたご様子。自分自身もそうですが、先輩達の事を考えては落ち込んだり、元気な姿を観てはホッとしてたりする描写が前半に何度かあって、その辺りに梓の優しさと京アニさんの凄さを感じました。

そして唯の髪の毛の件w 見てるこっちもリアルタイムで4人と一緒に唸ってましたww 
結果は当然の如く髪パッツンでしたが、このパッツン唯も冒頭の唯も、玉葱唯も…そして言葉に出さずとも私が心から願っていた「ツインテール唯」がもう可愛過ぎて死にました。もう死んでもいいや…。(ぉぃ
自分の理想が実現しました…(昇天).jpg←これね(照)

一方、さすが夫婦!澪が律のカチューシャ位置を理解していたり、緊張する澪を律が深呼吸させたり。更にムギちゃんは唯を傷つけずに機転を利かせたり、引きずる唯を叱ったり…。
更には全員で撮影前しっかりと仲間の埃掃ったりする仕草といい、彼女達の培ってきた友情を所々に感じた1話でした!

※デコの件で、よーく見ると唯のデコが光った後、律のデコも…!?


▼22話「受験!」
私にも分けてください by視聴者代弁.jpg青春の志.jpg
… ^○^ -3-.jpg「手をつなぐ」はさり気無い優しさ。.jpg
注目箇所:「ホッカイロの持ち方GJ・ムギちゃんの笑顔w・ツンデレ梓・プニ律・トイレ早い唯・v純v・律危機一髪・ぐしゃ唯・唯のチョコ量w・スリッパで分かる2年組の仲・チョコ×純・純ちゃんの性格w・スイートハートw(ありがた)・木(G)の再利用・澪先輩不動の人気・いちごちゃん地味に大活躍・あずにゃんチョコ・躊躇の理由・先生w・渡り廊下の件・励ます2年組・梓の気配w(痛)・さわちゃんの優しさ・ムギ興味しんしんw・唯×椅子w・禁句!・音楽室の件・祈り過ぎも優しさ・もがき澪・最後の件・梓の表情!・桜×4」
名言:「はっー・誰だっ!・じゃぁ不合格だ…・イエッ~ス・どうもです。・いいなぁ!梓ちゃんの手作りチョコ・梓ちゃんファイト!かわいー!・頭から単語がこ、こぼれちゃうから…→なんかこぼれたァ~(泣)→何がこぼれたの!?・チョコも黒っぽいから丁度良いんじゃない?・よろしくお願いします!→さっきまでの強気は何処に!?・ぃゃぃゃ・わかんない→ですよね・…留守番してるね→そっち?・アバウトだな…・確かに照れくさいわね→そんな事言わないです!・危なーい!爆弾です隊長!・微妙にあり得る・さっすが伝説のライブのボーカル!・早い者勝ちって言いたいの・ぁ軽音部・V!→褒められてないぞー・小さっ・あずにゃんの気配がしたから…・あずにゃん天才!・あめちゃん!♪→早っ→安っ・何だよ全員来たよ・あったかあったかだよ、あずにゃん・絶対!×9・甘っ・それぞれの大学に行っても親友でいような!(キリッ)」

       『何かいいですね。皆でこうしてるのっていいですね。
           今日は朝から寒かったですけど…
               先輩たちと一緒に居るとなんか寒くないっていうか…』by梓

「…そして、卒業まで笑って過ごせますように!」
凄い。もう本当、これを超えるアニメに出合える気がしないと切実に思います。
…なーんて、主要回で毎回の様に思ってますが、今回は特にこのアニメのクオリティの高さを感じた話でした。上の名言の際はしっかり画面が淡くなってるのは勿論、ラスト20秒、憂と梓の嬉しさ。でも授業中だから叫べないあの何とも言えない表情…!そしてあえて「メール」で魅せる表現の仕方!!受験生の立場でなく、応援する側視点って辺りが本当に素敵な演出だと思います。
本当…!?.jpg←この時の表情変化の凄さ!
そうそう…。演出といえば、今回は他にも過去ネタ(あったか、渡り廊下、木Gの残骸等)としっかり繋げてくる辺りもさすがと言うべきですね。ファンを楽しませるのがうますぎる!

…上にも書きましたが受験生でなく、原作で唯一消化されてなかった話を絡ませながら応援する2年組視点から話が進むのがおもしろいですね。梓の優しさと切なさを感じさせられる話ではありましたが、同時に心配する梓を応援する純ちゃんもよかったですネ。一緒に悩んで、先導して澪に渡して、両肩を掴んで気合注入!自由奔放だけど、本当にいい子や純ちゃんは!(涙目)

にしても、話がすっとんで受験→合格とは驚きました。アンチ視点からなら叩きがいのある個所だと思いますが、視聴者側に受験の辛い場面は見せないのがけいおん!らしさだと思います。何はともあれ、「全員第一志望合格おめでとう!!!!」ですね。

※梓の持ってる千円札の製造番号に注目してみましょう!

▼23話「放課後!」
唯のこういう表情に毎回鼻血が….jpg唯の知的眼鏡は反則です!(アッー!.jpg
こんなやり取りもあと少し。。。.jpg最後の放課後ティータイム.jpg
注目箇所:「TVの芸人w・香りを嗅ぐ唯の顔(鼻血1)・プッキーを口に含む直前の唯(鼻血2)・辛いすごろくw・まだあった部活申請用紙・ムギ希望・勝手にお邪魔・眼鏡唯(鼻血3)・もじもじ唯律・純ちゃん!w・5円玉デコレ・さわちゃんNGw・備品に彫るのもNGw・喜ぶ梓・曲順相談!・冴え渡るムギの機転・自身の声NG・一斉トイレ・ムギくしゃみ!」
名言:「10秒でどれだけかじれるか挑戦してたんだよ~→勝負!・ょ~ぃどん。・ちょいと失礼…・お菓子を食べる、お茶を飲む、飴なめる!・うぃっ~・さわちゃんのケチ~・ほ~い・まっすぐ部室に戻るのもつまんないし・新鮮だ…和が赤くなった!・なんないかぁ・まだ居たんですか?→ヴ!あずにゃん冷たい…。→私ら、過去の女!?・澪先輩!…と、ムギ先輩の分は私が。・でもどうしてゴールデン?・こんなにでっかいのがどう隠れてたんだよ~・ささやかだなー・唯先輩の口から音楽性って言葉が!→ヤダヨー、何驚いてんのォ・いい事言おうとしてるだろ~・そうだじょ~・やっちゃおー!」

             『(では部長のりっちゃん、貴方にとって放課後とは?) 
                         …そうだな…
                    「人生の無駄遣い」 かな?』by律

タイトルの如く、彼女達の拠点で過ごす日々も最後となる訳で。。。
それにしても純ちゃん…ムギはおまけかw まぁそこが彼女らしいというか。

自分がこの回の唯だけで4回歓喜したのは置いといても、とにかく素敵な最終回直前だったと思います。とにかく素敵なシーンが多かった!特に…
・和ちゃんが最後に見送った後の笑顔。後意外な一面が見れたり(ぇ、
・『最後の放課後のチャイム』に浸る、4人の顔の描写だったり、
・掃除道具やケロー、今は懐かしき過去のネタを挟んでくれたり(ぇぇ、
・「最後の放課後」発言に、珍しくうろたえる唯だったり…。
・手伝おうとするさわちゃんを止めた後の、一顧問としての笑顔だったり。
彼女達の青春がいかに素敵なものだったかを感じさせられます、ホント。

…でも一番は「カセットの文字」に色んな意味でトキメキましたネ。
CDでなくDVDでもなく、あえてカセットだというのが本当にいい演出だと思う!
それは1期~2期のタイトルバックであると同時に「彼女達の青春の1ページ」である訳で。
更に、カセットといえば1期で唯達が「うまくなろう」と決意するキッカケを与えたのもカセットテープでした。…つまりはOB(さわちゃん)達が後輩達に影響を与えたように、唯たちのこの演奏も、後輩達に弾き継がれていく訳で…。
そうやって人は皆、意思を継いで人生を歩んでいくんだなぁと思うと人の人生って凄いなーとか改めて感じさせられます。それをこのダメ人間に感じさせられたのが今までさほど興味のなかった「アニメ」だと思うと、本当にこの作品は凄いと思います…。

・さわちゃんに話しかけても聞いてもらえない唯の顔が「プクッ」で(鼻血4)

▼最終回(24話)「卒業式!」
別れの時が刻々と迫る….jpgふと見た先輩に、何を思ふ….jpg
幼馴染二人、別々の道へ….jpg本当にいい先生です。.jpg
注目箇所:「唯の顔(鼻血)・お疲れ唯・先生の顔w(またお前らか…)・梓痛そう…・万能憂!・廊下は走らずに・青ざめる梓w・デコNG・隠しますw・さわちゃんの推理www・そわそわさわちゃん・悼辞カット!?・Bパート、皆で「けいおん!!」・犯人は律でした。・お幸せにw・幼馴染…!・別れの時・日本人形で反応するかw・この件の憂が可愛過ぎる件・消せない黒板・譲れないお茶入れ係?・手紙でモジモジ梓・涙の件・カッコイイ事も素でやりますw・最後の演奏(感涙)・外に居る先生」
名言:「鮭に痛てて・さっすが軽音部だね!ギリギリ生きてる感じ・凄い!エスパー?・もうバタバタ・おかえり・やー、無事に終わるといいね卒業式・うっふっふ…・団扇にしちゃうとか~→いや、そういうのいらないから・御免よ…・…違うか。・凄く気にしてる!?・さわちゃんが失敗?・早く書きなちゃいねーw・それ、優勝旗返還…・お前らが来るのを待ってるぜ!→よ!さわちゃん!!・学園祭とか凄く、おもしろかった!(うぉぃ!w)・今のあずにゃんより若いよ?・唯ちゃんばっかりずるい~・唯ちゃん、それは私の台詞~・あんまりうまくないですね!・私達の曲、聴いてくれる?」

               色んな想いが、この1枚にあると思う。.jpg

                   『花びら5枚…私達みたいだね、あずにゃん!』by唯

…これにて「けいおん!!」【おしまい★】です…
まぁ番外編もまだあるので、作品自体の感想は2期が終わった後に回すとして…。

        「いつもいつも、お姉ちゃんはちょっとだけ先を行っちゃう…」
  
        「卒業しないでください…。もう部室かたずけなくても、
             お茶ばかり飲んでも叱らないから…卒業しないでよぅ…!」

…好きな人と会えなくなる、後輩達の悲痛な台詞。
…演奏中も空気を読んで、外で思い出に浸る先生。
残される側の視点という事もあり、特にこの3人が素敵な回でした。

…そんな最終回、素敵なシーンの数は当然の如く今までで一番多かった気がします。
軽音部の件は勿論ですが、幼稚園の頃からずっと一緒に過ごしてきた唯と和が遂に別々の道を歩んでいく訳で…。「言葉交わさずとも、お互いに見つめ合う場面」や「階段で真逆の道に別れる場面」は本当にこの二人の関係を表す、素敵描写だと思います。
2期から活躍の場がグッと増えたクラスメイトとも、最後にまた団結して唯に伝言したり、「筒の件」で姫子さんと唯は本当に仲がいいんだなーと思ったりで。

---そして当然の如く20話で唯一泣かなかった梓の涙。
原作を先に読んでなければ、ここで確実に泣いてたと思いますネ…
そしてまさかの「あんまりうまくないですね!」www
梓が1期1話の唯と同じ位置に座り演奏を聴く…この演出がもう絶品です!
【原点ではじまり、原点で終わる】こういう演出はドツボです自分。

                   「私達の曲、聴いてくれる?」.jpg
・更に最後の台詞が「私達の曲、聴いてくれる?」って意味もなく泣けてくるのは自分だけ…?

~おまけ~
▼先生への色紙が気になる方へ
http://viploader.net/anime/src/vlanime031380.jpg
唯があの後、なんと書きなおしたのか? そして最後の最後に、なんとムギが…!?
▼誰得?モブ大集合シーン
http://long.2chan.tv/jlab-long/s/long1284488023987.jpg
↑二つで、ついに監督がこだわったというモブさんの名前もわかりますw


…いやぁ毎週観る度に本当、京アニさんのこの作品への愛を感じます…。いい仕事ですね。
それも後僅か2話で今回こそ終わりを告げるかと思うと…。いや、今はまだ語るべき時ではないですね!まだ全てが終わった訳ではないのだから…(うまい事言った気になるなという。)

ずっと永遠に 一緒だよ….jpg雪化粧….jpg
                        そして、いよいよ番外編を残すのみとなりました…。

~▼曲感想~
♪「天使にふれたよ!」

こんなに泣いた曲はない…! 曲を聴いて涙を流したのは初めてです…ぐずっ
↑最終回で泣いたのは梓の涙でなく、自分はむしろこっちでした。
…曲も良いんですよ!?
良いんですが…個人的にはもう歌詞が絶品というか、もう本当「青春時代最高!」と叫びたくなる曲ですネ。特にラストサビの出だしに心打たれました…。
聴くたびに自分の高校生活も、けいおん!!に託した自分の哀れな青春も、良い意味でも悪い意味でも走馬灯のように蘇ってきてしまう…。本当に最高のアーティストですよ放課後ティータイムは!(ぶわっ
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

けいおん!!語り其の十二 (18~20話+@) 総感想!! [【特別枠】個人的神アニメ★総感想集]

▲14~17話はコチラ⇒ http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2010-07-30

僅か3話分ですがUPしときます。何故って?区切りが悪いのもありますが…
【本編が残り3話確定らしいからですよ…。】
…という訳で、1期から続く暇人の現在34話分の芸当、今回もいきますよ!(涙ッシュ!!)
こういう感じが大好きですw.jpg

-----------------------------
▼18話「主役!」
観てるこっちが恥ずかしかったヨ…(超赤面).jpg律澪は公式夫婦?.jpg
りっちゃん、あうとー.jpgぷっwww.jpg

注目箇所:「気絶・ムギ万能説・公式夫婦!・衣装の恐怖…・今度はパパ漏れ・澪の現実逃避方w・和ちゃん仕込み・ファンクラブの陰謀?・カット言いたいだけのムギ・暴走律、照れる澪・窮屈律・梓も惚れる雑澪(不覚にも鼻血)・聡君のコーラ吹く顔(笑)・抱き枕澪(鼻血)・聡君、聴きたい年頃・落としベット・律分身の術・テンション高いムギ・何気に梓は初メイド・唯!?(不覚にも鼻血2)・澪の苦悩…・ゆいあず『有り難う御座いました~(鼻血)』・もだもだ律w・唯の発見ポーズw・さわちゃん…!・唯澪コント・回想が可愛過ぎる件w・律のウインク(悩殺)・笑顔百点満点!・再度気絶w・固まって治らない笑顔w・直す律の後方に注目!(青褪めてるFC)・最後の手w」
名言:「秋山さん、澪さん(律)・成程!澪ちゃんだけにろ『みお』が合ってるでしょう!・異議あり!・ヤダ。・ぷw・ぷww・木(G)だヨ!・私、トンちゃんになりたい…・どこ行く気だ→まてーぃ☆・シェイクシュピア全否定…・ツッコミに全く迫力がない…・はい、ソレダメー・エッー!?・いいんだーい。・小さっ・鼻で笑うな!(多重)・ぷwww・ヴッ・ぷwwww→中野ォ!(怒)→うぉ!・隊長!あそこに隠れてます!!・ある人のおかげで免疫がついたっていうか…・高っ!・イハイハイ…・でも笑顔は完璧!」

           『それは無理。だって接客と演技は全くの別物だからw 』 by澪

「律澪は公式の夫婦ですか!?」と叫びたくなる、名言名場面だらけの18話。
当然主役は澪と律なんですが、監督が愛するモブキャラ祭りでしたネ。純…じゃなくて信代さんはよく喋るし、髪イジりのいちごちゃんは相変わらずクールだし、澪FCの佐々木さんが澪推薦した上に、澪に唯一ツッコまなかったり。更には聡君のコーラ吹きw…とにかく他アニメも見習って欲しい程、とにかくモブ芸が細かいのです!
後ろで青ざめてるのは、そうあの子。.jpg木Gも頑張っております。※後方.jpg
※佐々木さん、律の澪顔修正に青褪めていたり…w

澪と律は中の人が頑張り過ぎです! …部屋で喜び合う2人に観てるこっちも幸せでした。"v"
主人公なのにほぼ出番がない唯は、背景で何気に頑張ってるのが垣間見れますw
梓の「ぷw」連発に、いつもイジる律への些細な仕返しを感じましたw 
雑誌の監督がインタビューで「気に入った言葉とかすぐ使いたくなるよね」的な事書いてあったのを思い出しました。以前の唯のシールとか…

…それ以外にも乙女好きの万能ムギが先陣切って張り切ってたり、脳裏に先生が何度も浮かんだり、軽音部伝統久々のコスプレだったりで。律分身や雑澪の件の様な主な所から、クラスメイトの動作や唯の動きまで、全編通して見所が多過ぎるヨ!…不覚にもファン歓喜の1話ですね。

▼19話「ロミジュリ!」
ロ澪とジュ律ェット.jpg靡く髪が素敵….jpg
木(G)の破壊力と目線w.jpg「もうウインクやめてしまえ」byサンジ.jpg
注目箇所:「定員さんの反応w・今度は黄色着物(鼻血)・澪ド緊張・カボ チャ・古風なお呪い・ムギ短剣所持・2組の衣装(鼻血)・先生瀕死…だが後悔はしていない!・覗き見は例年行事・クラス円陣!・梓ぷくー・イケメンロ澪!・木(G)、あっちみんなw・美女ジュ律エット!・笑い合いww・抱擁(キャー!)・主人公のくしゃみ顔(笑)・乙女律GJ!・墓なし大波乱!・木(H)・オカルト研、再々び!・ちずるさん(泣)・演劇のラスト、カッコ良過ぎ!-声優さんの意地!・梓ソロ練習→心配・『みんなお疲れー♡大成功!』・夜BGM素敵…・よだれw・目に隈w・みのむし・澪一安心…」
名言:「おっ…おォ~!・お客さんがカボチャ、でしょ・カボチャ×3…(裏)・街頭アンケートしたら100人中100人そっちの方が変っていうと思うぞ・ジュリエットの尻に敷かれるロミオ…・私ったら、嫌な子・そこはツッコまない方向で…・い、今のなし!・・任されたー!(汗)・台詞はないから。→ふんすっ・そんなに感動したの…?・ふんっ!・私なんて一日中あずにゃんの事考えてるぅんだから♡・自由~ってなんでやねん!・だって徹夜の準備って楽しいし?→なんだぁ?その和らしからぬ発言・えへへ…・ずるいです×2・即席ドラムの完成でチューw・おーにーくーだー!・うっかり本当にキャトられたりしてな…・羨ましいんですか?・むずむず…せいっ!→なんとなく?・じゃぁの意味がわからん…・ぃぇ私…まだ焼きそば…食べてませんので・お前の全てを見せてみろ~→律、うるさい→何で私だけ…・スルーだけはやめて!一番堪えるから…・GJさわちゃん!」

     『人の傷を観て笑うのは傷ついた事のない連中だ。笑いたければ笑え!
             …僕は痛みを知っている。恋する痛み、この胸の甘い疼きを! 』 byロ澪

「今夜は寝かさないぞ、子猫ちゃん♡(ウインク下手ッ!?)」「一人でどうぞ…」「いけず~」
…が個人的にドツボの、2話に渡る伝説の学園祭1日目! 主に2部構成なのですが、
1:ピンチも凌ぐは、団結する3-2のクラスメイト一同!(モブキャラ大活躍!)
2:学園祭夜の楽しみは、徹夜で新しい出会いと仲間と過ごす一夜!!
本~~~当に素晴らしき学園生活の理想ですネ!「変なテンション」になっちゃうよ!
…リアルタイム感想にも書きましたが、こんな素敵な学園生活あったらリア充ですw

演劇までは基本、もしかして忘れられてる?と悩む梓や、観客側の視点からなのがおもしろいですね。当の演劇もクラス一丸となり、なんだかんだで大成功で何よりです。「ロ澪&ジュ律ェット」も予想以上に役が合ってたなぁ…!声優さんの本気も拝めましたし、抱きつくシーンとか観てるこっちが「キャー!」でしたw もう律澪公式夫婦でいいんじゃね!?(ぉぃ!

内容も名言やら名シーンだらけですが、京都アニメーションさんの作品作りに改めて感動しました。脇キャラ達に一人一人個性を持たせて手を抜かず動かし、演劇後の喜び合う姿…2話に渡る労働がしっかり描かれてるあたりは、さすがのクオリティ!(拍手)
また、裏で墓がなくなった件を梓に説明する唯の様な細かい所もしっかり描いてあるところがなんとも。
…他にも生徒が横切った時の梓の靡く髪、夜ver.の学校BGM…。重要な回とはいえ、キャラも作画も動画も音楽も…!!!! どれをとっても、いつもの話以上に最高峰の1話だった気がします。本当にいい仕事してくださるなぁ!!
……そして影の功労者、さわちゃん先生に敬礼!あんたは凄い!!

※律のウインク、前回の話で華麗に決まってたのに…!?

▼20話「またまた学園祭!」
(お客さんもご一緒に!).jpgてれっ….jpg
頼れる部長さん!.jpgつられて手を振ってしまったワタクシw.jpg
客の反応「かわいい~」w.jpgさわちゃんは本当にいい先生だよ!.jpg
注目箇所:「みのむし澪・手てテ地獄・ケーキ発言後、梓の反応w・凝り過ぎ講堂突撃シーン・一昨年の澪&去年の唯は黒歴史・出オチ?・和ちゃんと先生の優しさ・モブ応援!・意外とモロい唯・澪への声援w・(UTALTUTE!!)・マイク音はお決まりの件w・オドオド澪・お馴染み律・トークが長いw・配布役いちごさん・和&先生、大人の対応w・ムギの反応w(おぉ~!!)・梓と律のお辞儀(惚死)・はしゃぎ憂・まばら拍手w・和ちゃんの座り方(鼻血)・澪の笑顔・後ろ向き演奏・最後の件全般・真相はムギのみぞ知る・わがままムギ・さわちゃんGJ!・寝顔」
名言:「澪がぶった~(泣)・生命線も太くしておきました~・私が熱出してギー太を家に忘れてきたんだ…(沈)・もうやだ、あんなのヤダ…・励ましてないから・部長ナイス!・ナンダソレー!?・律可愛い~・何やってらっしゃったの?・なんかもうグダグダ…・ギターのあずにゃんです!・緊張してんじゃないよ・どうした?何があった?・そりゃ合うだろうよ…・ティータイムまで言ってあげてよ!・エリザベス~!・初詣に行きましょう!・そっか、それは残念だねぇ…・幸せそうな顔…」

         『放課後ティータイムは いつまでも、いつまでも…放課後です!』by唯

「私、ここにいるみんなとバンドをやってこれて、最高です!」
「バンドってすごく楽しいです!今もすっごく楽しいです!!」
「唯は見た目のまんまで、のんびりしててすっとぼけてるけど」「いつも全力で、一生懸命で」
「周りのみんなにもエネルギーをくれて」「とっても頼れる先輩です!」
互いを褒め合い、成長していった彼女達の固い絆。 …名言多過ぎて困ったネ!

【感動してこんなに泣いたのは、21年生きて初めての経験です。】
堅い涙腺が崩壊した瞬間。。。.jpg泣かない方がおかしいって!.jpg
~成長し続けてきた彼女達を長年応援し続けてきたからこその、感動。
~~その偉大なる作品があとひと月程度で途絶える、悲しさ。
…なんなんでしょう、もう。こんな素敵な作品に出合えた事が嬉しくてたまりません。
同時に彼女たちに自分の青春時代(くだらない青春時代)を預けて、本当に良かったと思いました。

…と思ったのもご存知の通りライブ後、今後の事を語るシーンです。
澪の言葉で雰囲気が変わったのを感じ、律の当然の反応に目が潤んで、ムギちゃんの「やだやだ…」で切なさを感じ、あの唯が号泣した瞬間溜ってた何かがぶわっと出てきました。…そして一番辛い筈の梓が泣かないのを見て、彼女の芯の強さを感じました…。
涙腺弱くはない自分。なのに本編観ながら涙を堪えるのに必死な位泣いてました…。
-----------本当、何もかもが素晴らしい最高の青春アニメですね!
語りが下手なのでどう表現していいのかわからない。自分みたいな屑が語るべきことなのかもわからないけど、もうとにかく色々凄いんです、このシーンは本当に!
泣いてる際の反応や描写も、本当によく彼女達の性格を理解して作られていらっしゃる!いつも以上に京アニさんや声優さんの本気を感じました。これが神回というやつか。

---演奏の方も凄かったですね!(まぁ、こっちがメインなんですがw)
HTTは勿論、自分達を陰から支えてくれた先生や友人達にもちゃんと感謝の意を忘れない、唯のさり気無い優しさが凄く嬉しかったです。この子は優しいよ、本当に。
しかしまぁ、まさかの新曲が「ごはんはおかず」だったのには吹きましたw
「U&I」を歌ってる唯の表情なんですが、だんだん終わりに近づいてるのを感じてるせいか、コマ送りして観ると少し唯の表情が切なくなってるんですよネ。当然の如く、基本楽しんで歌ってはいるんですが、何故か観る側も辛い…。
U&I歌い出しは元気ですが….jpg

この表情の唯に初恋した一年半前。.jpg

曲も終盤。どこか切ない….jpg
結論!:どの唯もかわ唯が、私が惚れたのは一期EDの切ない表情です(話が違います)

※自己紹介で観客の中に関わりの深い人達が居たりするのに注目!曽我部先輩や唯の親御さんまで来ているという、ファン歓喜の豪華ゲスト使用!最終話でないのか、これで。

嬉しさと寂しさを超えて。.jpg青春は手のひらに乗せて。.jpg
               …そして伝説の作品もいよいよ、ラストスパートへ…。


~▼曲感想~
♪「ごはんはおかず」

作曲者様が完成2日後に亡くなったという…。ご冥福お祈り致します…。

なんて盛り上げソング!これカラオケとかで歌ったら盛り上がるでしょうね~
もデタラメというか滅茶苦茶というか…w 今までにない前代未聞な曲であることは確かですww
色々と深すぎて自分では感想かけません!(ぉぃ
アニメ本編で流れた時の方がテンションが高いというか、CD版の方はちょっと抑え気味?だと思ったのは自分だけでない筈。し、仕方ないんですけどね!でもなんかインパクトがorzorz


♪「U&I」

当然、唯が憂ちゃんに宛てた感謝の一曲!…なんですが…。

恋愛系の曲として聴いてみても、すんなり聴けますね。
歌詞も同じフレーズが多く、シンプルでわかりやすくていいですね~
2番の歌詞は憂とも、唯からHTTに宛てたとも感じられる、素敵な一曲です。
HTTの片思いソングは女性の心情っぽい曲が多い気がしますが、珍しく男性サイドの心情が込められてる…そんな感じがするのは自分だけでしょうか?なんというか「夫婦ソング」とでもいいましょうか…。

同時に感じられるのは、ラストサビで応援してくれた視聴者への「感謝」。
HTT最後のシングルという事もあり、曲も良いですがむしろ歌詞に心惹かれてしまいます…(じ~ん


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

けいおん!!語り其の十一 (14~17話+@) 総感想!! [【特別枠】個人的神アニメ★総感想集]

▲8~13話はコチラ⇒ http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2010-07-11

今回ちょーっとばかし早いケド、2期後半は感想もますます熱くなりそうなので提出しまっす!!
2クール目は新曲も続々と出るでしょうし…丁度DVD発売日ですし!?(強引DA)
髪型変更は反則…!.jpg

--------------------------
▼14話「夏期講習!」
お茶目ムギちゃん♪.jpgPUKU-!.jpg
ツッコミ待ち!?.jpg何気ないこの絵が好きですw.jpg
注目箇所:「私服ムギが可愛すぎて鼻血1・勝利のムギ・ゲル状・ムギの握力・まぐれゲット・和ちゃん!・律の駄菓子術・澪らしさ・私服ムギに鼻血2・膨張&ふむふむムギ・澪ムギ漫才・NOスキンシップ・眼鏡ムギに鼻血3・停止モグモグ涙(爆笑)・叩きにくい頭・律は俺の嫁で(略)・澪の定番オチ・よかったネなオチ」
名言:「私と仕事どっちが大事なの!?・ぐへへ…wお姉ちゃん今どんなパンツ履いてるの?・なぜ英語!?・じゅるり・りっちゃんの敵とりました!→有り難う御座います…・楽しすぎて明日私死んじゃうかも!・抱きしめてもヨカデスかい?・価格破壊ってこういう事?→違うと思う。・もっと褒めるといい!・知ってる。・私の事、叩いて欲しいの!・ぷぷぷーw・『引っ込み思案な者』・目が半開き・さすが天然物は鮮度が違う…・いいでしょう。受けて立ちます。・何で私!?・どう反応すればいいんだよ!」

          『りっちゃんってエスコートがとってもうまいわ!
                     男の子だったらきっと女の子にモテモテね!!』 by紬

正反対の性格、絡みの少ない律と紬の珍コンビで送る折り返し地点回!
1対1のスキンシップに憧れ、奮闘するムギとそれを陰で支える律のお話です。
素のムギを叩けず、でも積極的に協力する律も当然素敵!なのですが!!

…でも!遂に来ました琴吹紬主役回!!ってか、ムギ祭り!!!
1期は完全な裏方。2期に入り素晴らしい素のボケで存在感を示したものの、主役になるまではいかず…5人の中では一番大人しいから仕方がないと思ってたけれども、遂にそんな彼女が輝ける日が来たのです!
----------庶民的な休日、正反対の律だからこそ話せる相談、精一杯の狙ったボケ。
言葉にこそしませんし、ましてや一番中間想いの子。いつも皆と戯れてるとはいえ、ムギちゃんも寂しかったんでしょうね…。幼馴染の律澪の絆は固いし、唯には和、軽音部内では梓に一直線ですし。
…しかし最終的には澪を傷付けてしまい、スキンシップは求めて出来るものじゃないと諦めたムギ。でも最後に「狙ったボケ」から素の自分の「天然ボケ」で見事律から一発貰うことに成功します。二人の悩みも解決し、二人仲良くバンソウコウ写真

…なんかいつも以上に熱く語っちゃいましたが、ムギの心情と性格を理解して観るとこれ以上楽しい話はないと思います!普段律とムギの二人は性格故絡みは少ないので、ムギファンでなくとも、思わず綻んでしまうお話ですネ!! 何も考えずに観ても楽しめる、キャラの心情を読むともっと楽しくなる。
                だからこそ、けいおん!!は素敵な作品なんだと思います…。

・和ちゃん、普通に苺を取る様な性格だったのか!意外にキビシーです。

▼15話「マラソン大会!」
ムギの顔!www.jpg和ちゃん、眼鏡凄いですよ★.jpg
変顔と接戦の末路…w.jpg本気で恋する0.1秒前v.jpg
注目箇所:「律も心が痛い…・駆け寄る梓・一文字ばあちゃん(再)・徹底否定・黒プリン・初乗車、揺られる唯…・長文言い切った先生w・逆さ坊主多いな!・美人過ぎる予報士・はしゃぎ過ぎる唯に恋(デタ)・待つ澪にも恋・軽音部らしさ→リズム走・ふらり倒れる唯・想像唯・考えすぎムギ・コケる唯→休憩(笑)・おもちプレイバック(爆笑)・唯、写輪眼開眼!(違)・超受身!目立ってしまったネ・和の眼鏡★・忘れられた先生」
名言:「眩しっ・ぇ・力持ちさんだけど持久力に欠けるからなぁ・自棄になってるんじゃ…・そんな普通はない・ペース配分調節してただけだもん!・うおっ!?喋った!うあっ!・これほどまでにマラソンに向いてない人間はいないんじゃないか…?・ツライデス・ルルル~でテキトーに誤魔化しておけ・私の事は心配するな。私を置いて先に行け~・結局ループか!・佐々木さんだっけ?・残念だが唯なら十分にあり得る・そしたら秋山さんが作詞とか始めちゃってー・ダメな姉だ…・そこで転んでまたファンが増えちゃう予感!?」

            『あんまりちゃんとじゃないかもだけど、
                       みんなと一緒だから大丈夫だと思う。』 by澪

久々に唯&澪らしさ全開!というべきでしょうか(笑) ラスト、さわ子先生乙です!
お菓子、猫犬、子供、自販機…。いちいち反応する唯が可愛過ぎて気絶しないか心配しながら観てました。(ぇ)後半、遂に写輪眼を2段階も開眼させ(違)る姿は圧巻の一言!
~~~~~んもぅ、言動がいちいち楽しすぎますwww

一方、澪もビリにならないように大奮闘!とはいえ、頑張る後輩を見てやっぱり仲間が心配で待ってくれてる辺りに彼女の優しさを感じました。…そして最後の受身は神がかってますw
けいおん!の十八番「日常あるあるネタ」も当然健在で、マラソンだから陸上部が強いとか、他の事を考えれば気が紛れるとか、普通に誰もが経験した何気ない会話に若かれし頃の懐かしさを感じますねー…。

・意外と知らない公式設定が見所。ムギの力持ちだが持久力がない設定や、澪のうんぬんが一人だけ大きかったり、運動神経が良く疲れる描写がない律と梓。コレ全て、表に公表してない設定なんです。これぞ俗に言う、京アニクオリティってやつなのですか…?

▼16話「先輩!」
本当可愛いよ、ムギちゃんは。.jpg美人さん揃い踏み、弟君の気持ちもわかるよ!.jpg
カムバック、私…?.jpg一期から純ちゃん応援しておりますから。.jpg
注目箇所:「冒頭の唯梓w・言えない!の顔・リア唯・先輩方のマネ!・うたた寝ムギ(照)・驚かすムギ(鼻血)・横顔&うなじ→頑張るお茶目ムギ(吐血)・ドUP梓顔・染まってきた梓・律の弱点・年頃の聡君・万能りっちゃん!嫁ッ!!・パンツの件全般&SE(笑)・妬けますなぁの純の顔・唯の後方で崩れる梓・変な歌・もだもだ梓・1期で梓と一緒にいた子、再登場!・ウェイトレス純!・染まりきった梓」
名言:「MCの時にウケるネタ作りとか・カムバック、私!・ふんすっ!(梓・紬ver.)・可愛こと考える人だなぁ・わー→ぃゃぃゃ…→しょぼーん…・りっちゃんの時みたいにうまくいくかしら…?・って!近ァ!?・唯先輩だなぁ・なんか可愛い…・もっかいトイレ行ったネ・此方こそなんかスイマセン→ピンクだネ→みなまで言うな!・我が家自慢の炊飯器デスカラネ!・あずにゃん先輩厳しいっス・たくさん食べて大きくおなり!」

          『まぁまぁ、こういうのもいいんじゃない? 寄り道も大切だって!』 by純

「梓、変わったよね…」 1期の入学時期に比べると、本当に変わりましたよネw
もう4度目?となる梓視点で先輩と絡んでいく話な訳ですが、特にムギとの珍しい掛け合いはもうジッタバッタしながら観てたのは自分だけじゃない筈です。前半は梓…というよりもムギがいちいち可愛過ぎて変な声を発しかけてましたともサ!
…まぁこの辺は観て頂ければ一目瞭然ですが…。  結論、とにかくムギは可愛い子だ!!
唯一の味方?である澪の対応も平然だったり、あの面倒臭がりっちゃんが手料理披露!&練習したりしてる形跡があったり、焦る梓を自然に諭す唯だったり、先輩方の成長した?姿見れて感激です!

そんな自分が今回注目してほしいのは仕草や反応、んで準レギュラー陣。
シールは貼りまくる唯を叱る梓はやっぱり真面目だなぁとか、核心を突かれて1話の最後同様足をもじもじしたり。反発する梓にツッコまず、友人として温かい目で見つめる純ちゃんも居たりで。
久々の登場律の弟、年頃の聡君が美人揃いの軽音部に引っ込んでしまう反応等、スタッフさんは本当年頃の気持ちがよくわかっていらっしゃる!
…そんな彼の姉(万能説)を今回の話で本気で嫁にしたいと思った私は相当、病んでると思います!(ぇ

※最初の「カムバック私!」は前回の予告で唯の台詞だと思った自分は正解です(ぇ

▼17話「部室がない!」
2話の再来?.jpg女の子ですものネ~♪(惚死).jpg
梓!?…一安心です.jpgナンテコッタ!.jpg
                    …5人一緒が多くて写真撮るの大変だわさ…。
注目箇所:「手が黄色!・先生の顔w・真っ先にトンちゃん・見たいムギ・唯の締め!・唯のなぞかけ・どこまでも菓子とお茶・澪の歌詞は動物で不調(泣澪)・ギー太の背負い方マヌケ?・監視カメラ目線w・梓ため息…・律無視「あれ?」・梓の歌詞NG!?・題名のみ・輝く澪★・5人乗りは無理(再)・唯の笑顔っ!・珍しくお茶<練習・コップT・ムギ以外はわかってます。・律の髪型に鼻血!・憂ちゃん瀕死!?・澪+カメ・優しき姉妹愛(感涙)・唯の歌詞センス開花!…澪は…(笑)」
名言:「よいこらせー・それは靴脱いだ→センキュー!→ふんす・ねんねしな〜(風車!?)・なんか、浮いてますよね私達…・私たち浮浪の民だったね〜・私を攫ってマンドリル・苦労かけたのォ…・澪書いて!→お前部長だろ?→ちぇっ・お邪魔しますぅぉぉ・鏡かな鏡じゃないかな鏡だよ・女の子ですものねー!w・貴方が犯人だったんですね!→はい却下。→え〜(涙)・駄目ですか。・まだスランプ?・踊る?・ムギちゃんがお茶なんか入れるからだよ〜w→一番おかわりしたの唯ちゃんです〜・帰ってきましたヨ、生還したヨ〜!・私はすごく独創的だと思うよ?・ナシウマw・大丈夫だよ。・おみかん様が付いてるから!→みかんパワーを分けてあげよう。・心配で眠れないけど、寝ないと治らない…・自分で言うな自分で。」

          『居なくなってみてはじめて大切なものの有り難さがわかる、
                           …って気持ちを込めてみました!』 by唯

学園祭前になると事件が起きる軽音部…お疲れさまです。
1話通して5人で行動する話は意外に珍しいんじゃないでしょうか?
…そんな17話、細かい名言や名シーンがいつも以上に多すぎて調べるのも一苦労でした。…だが!毎度のことながら苦ではないというネ。というか、HTTの歌詞が独創的過ぎてどうツッコんでいいのやら。素で「キツツキコツコツ」とか、歌詞発表でいちいち輝いてしまう澪ちゃんに拍手です!!
メインイベント学園祭の直前ということもあり、最後の姉妹愛以外はこれといって目立つシーンは少ないのですが、部室から出て色々な場面が楽しめるわ、あのムギが反発するわ、10秒に一回は笑いが散りばめられてるわ(推測)、個人的には小ネタと伏線でお腹一杯の1話でした。

・唯と澪、更にムギの3人に新曲の伏線が。楽しみすぎてテンション上昇るです!!!!!

                    見られちゃいましたw.jpg
-----さてさて、いよいよ学園祭直前、楽しみ過ぎて胸の鼓動が止むことをしりませぬ。

-------------------------
~▼曲感想~
♪「Utauyo!!MIRACLE」

「大好きをありがとう」ってのは、こっちの台詞だよ!この作品に出会えてよかったヨぉ!!(号泣)
●曲:けいおん!!らしさが歌詞から、曲から、演奏からバリバリ伝わってくる一曲です。
超高速!何言ってるかわからない度ならゴーマニにも負けてませんが、そのハイテンションさの裏では「決められてる時間じゃ間に合わないほど程、やりたいことがたくさんあって、毎日忙しいけど楽しいよ!」という、作品にも当てはまる歌詞が、明るい曲なのに切なくもあったりで。最後の歌詞は聴くたび何かがこみ上げてきてしまいます…愛していてよかった、この作品を!と改めて思わされたりもしたり。

◆映像:もう名前なぞ理解してる方が多いためか、紹介アニメはだいぶ省かれましたね。
OP見るたび、唯の踊りと手の動きに思わずつられてしまいますともサ!!
もう本当に彼女たちが楽しにイキイキ動いて、歌詞とのギャップに泣けてきます(涙ホロリ
…注目して頂きたいのは、3回目のサビ部分でクラスメイトが一緒に廻ってくれた後の唯の笑顔。
そして何気に驚くムギちゃんw 
                  …なんかもう、色々こみ上げて来てしまう、そんな一曲ですハイ(号泣2)

♪「NO,Thank you!」

一言で表すなら、「自分が見たアニメの中で一番かっこいいと思えたED」です。
曲名がHTT5人の頭文字になってるという「その発想はなかった」一曲。
一期ED、再びって感じでしょうか?Listen!!とは一味違いますネ
●曲:ED映像のカッコよさに惹かれてしまいがちですが、歌詞もまた素晴らしい!!
思い出に浸るような大人時代、甘えてばかりの子供時代。どちらでもなく、皆で今を楽しんで生きる!って感じの曲だと思うのですが、サビがもう素敵で素敵で(涙)…OP同様、まるでこの作品を意識してるようにも感じられます。これを力強く歌いあげられる澪さんのおかげでより一層凄いことに…!
自分を引きこんだ一期ED「Dont~」を思い出させてくれるような雰囲気が漂ってます。

◆映像:神。恐らく自分が見てきたアニメの中で、一番そのカッコよさに惚れた…その位とにかく!ひたすらに!!カッコイイ!!!…何がカッコイイかと聞かれても困る!(ぉぃ) 何も考えずに見てもとにかくカッコイイしか出てきません。
けいおん!EDといえば普段のHTTと違う、夢世界の様な容姿や表情が特徴ですが、…最後のEDというだけあってさすがのアニメーションです。結論:カッコイイんです、とにかく。(説明下手だなー)

…でも自分が一番好きなのは、実は前奏のオルゴール。言葉では言い表せない何かが込められてる気がします…。

♪「キラキラDays」

こっちがOPEDでもよくね?と思ってしまった一曲。(ぉぃ
「このままずっと歌って、お茶して、泣いて、笑っていたいよ!」
「もし皆と出会えてなかったら、自分はどうなっていたんだろう?」
…そんな2つの意味が込められてる、唯のキャラソンとも言っても過言ではないような曲調と歌詞がウリな曲なのですが、明るい曲なのに歌詞が微妙に切ないんだコレが…!(ここで紹介してる4曲全部同じ様な感想だとか、ツッコまないで!)
自分は後者?で後悔したこともあるので、なんか色々思い入れが深い一曲になりそうです…(ぇ

歌詞の中にはHTTらしさや作中のイベントだったりが散りばめられており、ファン歓喜です。
後、サビのハモりの素敵可愛さは尋常じゃないです。

♪「Girls in Wonderland」

好きだ!自分好みの一曲です。歌詞が素敵過ぎる! そして前奏のドラムがカッコイイ…
…それを抜きにしても、普通にOPやEDとして使える気がする曲調です。
そして…。OPEDのB面、カップリング曲としては多分一番好きな曲です!!

前しか見えない!振り返ってる時間はない!!今を精一杯、ひたすら楽しく生きる!!!
って雰囲気を歌詞も演奏でも前面に出してる、明るい曲で御座います。
そして、ゴーマニの映像と合わせて聴いても違和感がなさすぎる件。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

けいおん!!語り其の十 (8~13話) 総感想!! [【特別枠】個人的神アニメ★総感想集]

▲2~7話はこちら⇒ http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2010-05-24

当ブログの目玉企画(自称)だというのに、閲覧数が低いこのカテゴリの記事。…なんと十回目!
自己満足だろうが、放送翌日の学校で毎週欠かさずメモってましたともサ!!!!
今回も放送直後感想では書き切れない、MANIACなトコまでバシバシいきますよッ!
wv!!.jpg
--------------------------------------------------------------
▼8話「進路!」
カメ絵巻。.jpgあえて言わせて頂こう…「俺の嫁!」.jpg
芋…ぃゃパイナップル!.jpgかぃかぃ∞.jpg
注目箇所:「1話再来・日本人・しんのすけ口再来・たこなし焼き・先生の過去とBGM・ドUP梓。・デコ目・原作以上の高性能、蛇口Tシャツ・パイナ律・全員パイン化(笑)・メルヘン健在・唯の将来像全般!(不覚にも萌死)・閉店・先生の呆れ笑顔っ!・あのクッション遊び、やるよね!?・姉と一緒に…・カメ触る唯&和」
名言:「あー、の ど か ちゃ ん・もうニートでいいや…・古文…よし!りっちゃんにパス!・そんな(×4)馬鹿な!?・紙切れなんかに私たちの未来は決められないぜー!・本能的に頼れる人だと感じたのだろうか…!?・私のオデコ…・3つ目星人だぞー・大きな声出せるんだ…おもしろい!(!?)・やっぱりりっちゃんのキャラじゃないよ…・みおしゃん…!・今日も遅刻しました。テヘッ♪・あずにゃん酷い…・却下。→あれ?・ぃゃ無理ありますよ唯さん。」

       『これでも唯がマシになったって言ったけど、
              それって多分軽音部のおかげだと思うの…。
                              だから、ありがとう。』 by和

ほのぼの部活ライフがウリのこの作品でも避けられない現実、「進路」。
もう何というか…けいおん!にハマった理由の一つである「唯と今の自分を重ねてしまう」回でした。
「何だか、ずっと先の事だから想像できなくて…」
…唯のこの言葉が表すように自分ものうのうと生きてきました。
「色んな事があって人は強くなっていくって事だよ。」
…律の言う通りだと心でわかっていても強くなれないでいる自分。
だけどそれはあっという間の未来で、気がつけば大人になってて…。
ほのぼのと過ごして歌を歌ってるだけでなく、色んな事を考えさせてくれる。そういった意味でも自分はこの時期にこのアニメに出会えて幸せなんだと思います。と改めて思い出させてくれました。

まぁしかし、進路を決められない唯と律ですが、結局「とにかく 一生懸命 頑張ります」でけいおん!らしからぬ終わり方のまま8話終了。2期は彼女たちの未来を見守ってくことになりそうですネ…。
本編は珍しく重い内容ですが、幼き日の4人は相変わらずだったり、唯の将来像(むしろコスプレ?)と軽音部の過去に未来にファンサービス大爆発だったと思います(笑)

・『あの悪気のない笑顔を観ると 何故か許しちゃうのよね…(わかるわぁ~)』
…の通り、唯の花屋とOLの可愛さにリアル赤面しました。不覚!
普段着ないかっこいい服装と、大きなものを持つ軽音部に弱いんです自分。

▼9話「期末試験!」
この子らを嫁にk(略).jpg着物は反則です(満面の笑み).jpg
夕日と美女.jpg手描きあずにゃん.jpg
注目箇所:「OP後の唯。こっちみんn…見ろ!・ぷに唯・3度目のくれしん口・ムギ、バーゲン知らず・NEO・砂糖!?・汗かき過ぎ・純、唯以下でした・蝶々と唯・-v-顔・デコ目線・チャリにゃん・アッー!な唯(鼻血)・あずにゃん模写・演歌の件の梓全般(笑)・結局六角消しゴム・ナイスカバー和・唯の寝顔(吐血)・着物「ゆいあず」は自分のツボを全て貫いたようです(惚死)・ゆいあず漫才!!!・演歌風ふでペン!・尺八の名人」
名言:「はやくの意味がわかってない!・ウルサイ…・丸ごと狸・ふんすっ・それはダメダメ…・お塩じゃないよ、醤油だよ~・お前もだろ。・どこがだよ・昔話!?・ボケ倒して終わりそうだな・憂のお姉ちゃん、本当面白いよね~・大丈夫です、と思います。(礼儀正っ!)・おやつの時間は?→ないです。・ふわふわの演歌ver.!?・♪ふわふわたぁ~ぁぃむ・演歌の心には遠いなぁ…・自分を見失いそうです…・あずにゃんさん・ふわふわぁ・規則だろ・梓ちゃん顔、こわばってる…(笑)・梓がツッコんでる…・いい加減にしなSAI!・こりゃまいったなー(byオヤジ)・そうきたか。・鐘2→えっー!?↓↓↓・律澪でどうだい?」

                   『お醤油とお砂糖は間違えちゃだめだよ~。
                             ま、よくあることだけどねェ。』 by唯


名場面&台詞の多さ!。  ---そしてなんだ?このゆいあず祭。(鼻血)
…ぃゃ、京アニさんの謎CMのお子様ならまだしも、本編のお年寄りまで可愛いという、ばあちゃん祭か?(ぇ
今までお世話になった一文字おばあちゃんを温泉旅行に連れてくべく、期末試験直後にも関わらず演芸大会に出場を決意する唯と、感化して付き添う梓のお話です。
これぞけいおん!って感じのお話。2期に入ってからというもの、将来に対する描写や台詞が毎回の様に見受けられましたが、この話に至ってはそういうのが一切ないという…まるで1期を思い出させてくれる様なテンポの回でした。
この話で気が付いたのは、校舎内や自宅、道に川沿い、公園と場面が頻繁に切り替わっていきます。同じ場所に留まることが多い、このアニメにしちゃ珍しいんじゃないかなーと思ったり。

さて、唯も梓も可愛オモシロさ全開で、いつも以上に惚れ死んでます。多過ぎてどこをどうツッコんでいいのかわからねぇ!それほど唯と梓が色んな意味で魅せてくれましたw
まぁでも一番は何よりも「ゆいあず」の着物姿と髪型でしょう!(超個人的に)
もう…なんというか自分の全てのツボを貫いてくれました。御馳走様です。(土下座)

               優しいなぁ.jpg
・和ちゃんが居眠りしてる唯を起こすシーンが素敵過ぎます!
             何気なく彼女達2人の関係を表してる、良い縮図描写ですね!!


▼10話「先生!」
先陣切るのはこの子!.jpgとげとげ かんもどき。.jpg
この少し前のムギの表情(爆笑).jpg梓の髪型に悩殺!.jpg
注目箇所:「ムギ先陣突入・にっこり唯ムギ・悩む唯…・机の下・あんぱんまだ食わず・部長は律です・初がんも(トゲトゲ)・自分で「ムギ」・座る先生の美しさ・ムギのエアKB・拳回し再・律作先生の絵「さんはいっ」・12年の夢、初廊下・困る澪律・梓の髪型(鼻血)・先生の写真目つき(笑)」
名言:「お母さん!?・ムギ先輩が一番夢中だー!・HARIKOMIKA!・澪ちゃーん、オメデト~!・見つめるなァ!・ムギ、深読みしなくていいから…・唯、お前そこな。→ヤダヨー(涙)・そんなトキメキの物体が!?・澪です→逃げないでください・思っていたよりも普通ね…・『字、かわいいね!』・今日はお茶にします!・ムギ先輩はやり過ぎです!・やっちゃったー!→やらせちゃったー!」

               『わかってないわね…。教育ってのは、
                    ちょっとの隙が大変な事態を招くのよ? 』 byさわ子先生

「テメェ等、デスデビルはこんなヌルっちぃ~音楽じゃねェ!今、本物ってーのを魅せてやる!!」
さわちゃん大★暴★走★!! 外面と内面のギャップは、自分良く分かるわァ…。
…まぁそんなさわ子先生プッシュのお話です。それを制服のまま尾行していく軽音部一行も楽し過ぎますが、↑の言葉で全て持っていかれました。カッコイイな先生!
一方軽音部。ムギが今回、あらゆるシーンで魅せます。 世間でいう「あら かわいい。」
先陣を切って突き進む雄姿!トゲトゲがんもどき!!廊下に立たされるのが夢!!!
エアキーボード!!!!そして誰よりもはっちゃけ過ぎる!!!!!…お腹一杯です。
しつこい様ですが、もうムギちゃんの2期の健気なさはヤヴァィですね…。どんだけいいキャラしてるんだと叫びたい!…えぇ、先生とムギで始まり、終わる彼女達2人の天下だと思います、この話は。

~~~一方の唯。 「私も大人になったら、大人になるのかなぁ…」
本当に悩む唯が多いです2期。さり気無く散りばめてきますよね。
…そんな唯と自分が、やっぱり同じ考えで嬉しかったです。大人になりきれないトコロ、将来像、さわちゃんへの疑い。思考が似てますよ、うん。だからこそ愛なのだ。

・~!!!先生の進路も「ミュージシャン」だから、前々回唯を観て意味深な笑顔を見せたのか!


▼11話「暑い!」
ひゃっこいのー.jpgムギ100%.jpg
ポカポカ合戦!.jpg三文芝居の末路….jpg
注目箇所:「髪結び澪は絶対◎・唯脱皮・冗談に聞えない・まだきぐるみありましたw・スク水(鼻血)・冷たくない…な梓w・マジビンタ・KYムギ!?・扇風機粉砕!・氷服はお約束・ポカポカ唯律(吐血)・先生強制収集・縁結びのお守り・ムギのお屋敷公開ならず・ドヤ顔の律・反対が正論な梓(爆笑)」
名言:「ドラム死ねるー・心配しちゃいました(!?)・よさこい!・ォィォィまさか…!?・のんのんののーん・『ありがとう ずっと わすれない』・先生の車に乗ってるー!→あら、お約束?・でチュー・何この三文芝居…?・部長だし、お姉ちゃんだし、ドラマーだし!・冗談だヨ~、キャハッ♪」

『練習だけが部活じゃないと思います!』 by唯

久々にけいおん!らしい、学校内のまったり話です。
特に目立つ進展はない訳で同時に書くことも少ない訳ですが、これがけいおん!の王道なんだと思います。躊躇なく水着着る唯紬、水槽に頬を当てる梓、律が澪の服の中に氷入れたり、トンちゃん成長に驚いたり、何気ないやりとりに惹かれてしまいます。まぁ、久々に原作のお話ですしね!
…とは言ったものの、けいおん!らしからぬアニオリの展開(扇風機粉砕・ムギ乗車・ディベート会議等)も挟んであったりで、原作な方にもしっかり楽しめる辺りがさすがです。

・それにしても唯一公開されないムギの自宅。「とにかく凄い」と申す先生のお肌がツヤツヤしてたのは一体何があったんだ…?これは永遠の謎になりそうです。。。

▼12話「夏フェス!」
窓越しも素敵.jpg律>澪.jpg
焼きそば….jpg不覚にも鼻血出たのは自分だけじゃない筈.jpg
注目箇所:「純ちゃんv・■K■・何故変装したし・ワガママ澪ムギ・梓ソフト(吐血)・ムギテントIN!・梓と合体する律・ずれてる唯ムギ・ダダコネ唯とボケ顔紬・オーバさん登場・ビーサン外れて振り向くムギ(鼻血)・『ドーン!』→自滅唯(笑)・こげにゃん涙目・ムギも購入・顔が近いよ唯律!(出血)・5人でごろり」
名言:「だらだらしとるのー・夏へそ?・何考えてるか知らんが絶対違うからな・澪先輩はやる気だ!・てへっ♪→先生、きついです・何ソレワカンナイ…・瞬間移動したい!・無茶言うなよ…・唯ちゃん、焼きそば×2食べよ!・ムギ先輩も微妙にずれてる…・昨日の私は脱ぎ捨てたわ…・虫除けスプレーはいりまーす!・左利きって変だよな!私が言うのもなんだけど。・もうヤダー、うちに帰るう〜(もじもじ)・どう反応すればいいんだよ…・それはご飯じゃない…(笑)・私のこと、おばさんって思ったでしょ?」

   『…。これからもずっと皆でバンド出来たらいいよねえ!』
   『あぁ、ずっと、ずっとな…』by唯&澪

まさに【泣きたくなるくらい、青春!】と監督が申す通りの青春話!
5人で寝転び夜空を見ながら夢を語り合う…ベタですがこの作品が折り返し地点ということもあり、一層涙腺にきてしまいます…。ああ、本当我が青春を彼女達に預けて良かったよ!!(何

普段見られないシーンも盛りだくさん!澪がワガママにはしゃいで、ムギの小さな夢、そしてボケないで皆をまとめる律。彼女達の良い意味で裏の面が垣間見えます。
また内容が内容なだけに、名言&名シーンが多すぎて困りますが、特に唯梓の
「3億人くらい居る?」「それ日本の人口超えてます…」のやりとりは2期で一番爆笑しましたw

※入り口の件で何故澪が焦っていたのか…気になり過ぎます。詳細求ム!

           
▼13話「暑中見舞い!」
悔しい…?.jpgエイヤサー!→そーれ!w.jpg
一緒に居ると楽しい!.jpg辛い中、差し伸ばされた手.jpg
注目箇所:「すいかばー・スイカの夢・日焼け隠しの長スカートw・上映中は携帯OFF気絶(うえあああ)・欠伸純・怪しいバイト・ありがちムギの夢・悩める純ちゃん・焼きそばスライダー・焼きそばの中に先輩!?・梓の嘘顔•侮辱と憂•唯の笑顔(ね!)・念願の焼きそば!・とうもろこしかじり!・レギュラー集合!・自分の舌に落ち込む澪(笑)・蛙も帰る」
名言:「一瞬本当にわかんなかった・はかどるはかどる…・こちらこそいつも一緒に部室でだらだらさせて貰って・ね〜!・もー既に怖いんですけど…・見事なツートンカラー・やいやさー⇒そーれ!・見事でしょ?・あーもう!羨ましい!!・(スンスン)あずにゃんからプールの匂いがする〜⇒嗅がないでください・げっ歯類か!・私すいか!→そんな味ないだろ!→じゃあパープルアルゼンチンで!・~バリバリガリムシャぐちゃ!~とか言って・奇麗。また私夢見てるのかな?・あずにゃん、どうしよう…」

                   『私もうすぐ、一人になっちゃうんだ…。』 by梓

なんと!夢オチが4分の3を占めるという、けいおん!らしからぬ回です。
夢なのに現実離れしすぎないところが良いですね!
焼そばスライダー以外は普通にあり得そうな話なので全然わからなかったヨ!!

…とにかく13話はハイテンションさがウリだと勝手に思いますw
後半は久々に大活躍の純ちゃんと憂が可愛過ぎて吹きました。
…と、同時に夏休みなのに部活することが出来ず、一人になっていく寂しさを感じる梓の心情を描く訳ですが、同時に観ている此方も同じ思いを抱いてる訳で…切なすぎますよ!

※①:梓が日焼けを隠そうと何気にスカートのすそを伸ばしてる件。
※②:梓の頭の焼きそば内に先輩4人が一瞬だけ紛れてる件。


                     この描写がなぜか好きv.jpg
~~~~~~早いもので、ここでもう折り返し地点です。
この時点で既に原作3巻の内容がほぼ終わってるようなので、アニオリになるのか?
学園祭でのライブ&クラス発表はどうなるのか?ムギの弾き語りはあるのか?
…それ以上に唯たちの進路の行方は!? その時、梓は!? …軽音部の未来は!?
そんなことばっかり考えて生きてるのも、自分が彼女たちに「青春」を勝手に預けたからこそ。自分自身は、彼女たちはいったいどんな顔で、どんな心情でこの物語に終止符を打つのか。後半も当然見逃せません!!

~▼曲感想~
♪「桜が丘女子高等学校校歌[Rock Ver.]」

1話で披露した校歌をHTT5人が編曲して、交互に歌うという曲なのです。唯…短め?
普段はコーラスにまわる律・ムギ・梓もしっかり歌ってくれて大満足です!

…まぁこの曲を先に作って、本家の方をアレンジしました感もありますが(殴)とにかく普通の校歌をここまでアレンジ出来るのが本当に凄いと思います!こんな校歌なら大歓迎ですよホント!!
nice!(15)  コメント(1) 
共通テーマ:アニメ
前の7件 | 次の7件 【特別枠】個人的神アニメ★総感想集 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。