So-net無料ブログ作成
検索選択

アニポケXY 最終回⇒語感力0の総感想 [ポケモン③:アニポケ・ポケスペ・イベント感想]

(ここまで感動すると思わなかったので、ツイッターに記載した感想を一部改編して記事にしました)

終わってしまいましたね、アニメポケットモンスターXY&Z」
もうね、語感力ないから上手い事言えないんですけども、
【最高 オブ 最高】でした!!!!

最高のアニポケシリーズをありがとう!.jpg
非の打ちどころがないとはまさにこの作品の事か
「アニメのロス」を感じ、常に空虚になっているのも、けいおん以来5年ぶりだと思います
アニポケは6歳?、無印2話からずっと見続けている一視聴者ですが、最早集大成ですよね

今だから言いますけど(都合いいねと思われようとも)、XY放送直前SPでV(ボルト)が先行して公開された時、あのOPの映像…作画の美しさも勿論ですが「サトシに仲間達が手を添える(サビ前)」シーンを観た時に(あぁ、これは凄い作品になるな)って心のどこかで確信してました。

いざ始まると今までのアニポケと違うスタートの仕方から始まり早速唸った
前作のBW編が酷いってのもあるんですが、作画も音楽もけた違いに素晴らしくて、細かい仕草や表情、ネタ枠のデデンネ作画…と痛感したのがビオラさん戦。中盤(サマーキャンプ辺り)は目新しさも無く、少々つまらなさを感じたものの、コルニが同行するあたりでその気持ちもすぐに失せ、サトセレのデート回からはもう常にうなぎ上りだった感じです



---------------------------------
各ストーリー感想は胸に秘めるとして、今回の4人の主役が本当に仲が良く、3年間飽きることなく見ている側もすごく気持ちよかった!こんなに感慨深くなってしまったのもこのパーティのバランスが素晴らしい

▼サトシは今までと違い常に「冒険漫画の主人公」だったのが大きい。アレだね、ワンピのルフィに近いんだ
今までは常に「良い意味でぶつかり合う仲間」だったのに対し、常に等身大で弱気な仲間達を引っ張る役となり、常に励まし続け、勇気と夢を与えていく。
そして最終回、それぞれの夢に向かって進む最高のラストを描く事に繋がった

そして当然完璧では無くて、終盤には時に弱さも見せるし、悩むことだってある。
それを前半の恩を返すかの様に仲間達が声をかけ、支え合い、結果カロス準優勝の座まで上りつめる事が出来た…そう、サトシというキャラクターが20年培ってきてようやく完成したのだ!!

まさにジャンプの方程式「友情・努力・勝利」ですよ!!
そりゃあ面白い理由も頷けます。そう、アニポケXYは「王道漫画」なのだ。う~ん、イイハナシダナー


-----------------------------------------------
そして語りきれぬ全てが詰まった最終回・・・・・。
正直ね、子供向けアニメだし、セレナが「サトシ(もしくはみんな)大好きだよ!」で告白してさ、 エスカレーター下る時サトシが(意味は分からず)「大好きだZ!」程度に終わると思ってたんですよ

aaaaa!!!!!.jpg


終わると


aaaaaa!!!!!!.jpg


思ってたんですよ…(悶絶)


性の喜びを知りやがって!(親心).jpg



(今の心境を語るなら 長い廊下の隅に寝転び
超スピードで絶叫・回転しながら往復しているニヤけ顔の僕の心境に似ている (ブッキー並感))


▼セレナはね、媚び過ぎない程度に視聴者に媚びていたから好かれたんだと思います
今までの女性キャラは大体自分の性格を一貫し続けていたけど、セレナの場合最初は弱気で、そんな自分をサトシと仲間達が自信を持たせてくれて成長していくのである。最後にパフォーマンスのおばさん(名前忘れた)の誘いを断ったのは意外だったけど、考えてみればそれだと「今まで通り、誰かにくっついていくだけ」なんですよね。自分自身で道を決め、夢に向かう決断をした。そう、一番今までの主役キャラで一番「成長」を魅せたキャラなのですよ!


-----------------------------------------------
放送時はセレナの別れ方に全部持っていかれたけれど、
一方で、ユリーカ凄く視聴者に向けたメッセージを伝えていた事に気付いてまた涙腺が緩みます
てへぺろっ.jpg

ガラにもなくカッコイイ感じで例えるならば全編を通して

サトシから勇気を、
シトロンから愛情を、
セレナから笑顔を。

最高の先輩から大切なものをたくさん貰って過ごした彼女は、最高のポケモントレーナーになるんだろうなあって確信しました。…そう、今思えばマサトとは違い、この物語はユリーカの視点で描かれているとも思えるのだ


-----------------------------------------------
▼シトロンに関してはもう少し自身の夢について話してくれても良かったかなって印象もありました
4人の中で一番成長は描ききれてないものの、今までサトシの男仲間は常に保護者ポディションだったので「常に対等で、並んで歩いていく仲間(友達って感覚の方が強いかな?)」がすごく新鮮でしたね

彼で欠かせないのは勿論ミアレジム戦。頭脳戦もあり、自分の中ではショウタ・アラン戦を超えてカロス編一番のポケモンバトルだったと思います。事前に約束・先に戻って修行って展開もいいよね
「この時間がもっと続けばいいのに」にはグッと心を魅かれたものです・・・




あんまり長過ぎると読む方も書く方も辛いので最後にしますが、今まで自分の中のアニメの頂点だったけいおんやハガレンを塗り替え(他にも色んな意味で好きな作品はありますが、タイムリーに追えて話題を共有できた事など総合的に観て)、一番好きなアニメは?と問われたら自信を持って「アニポケXYだ!!」と言い切れるくらい大きな存在の作品になってました。
※まぁポケモン好き補正は大分かかってると思います

スタッフさん、3年間最高の旅をありがとうございました。


これで心おきなく、アローラに…

・・・大きな声で「アローラ!」に…



・・・・・・・・アニポケSM、不安しかないZ!!(サトシのデザイン以外は割と好き)



http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2016-07-16
↑と絶賛しつつ、XYへの不満点も書いてあるXY編劇場版の感想はこちら


(次回更新はSM発売後。6世代同様、マニアック攻略やるかもです)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。