So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

アニポケXY 最終回⇒語感力0の総感想 [ポケモン③:アニポケ・ポケスペ・イベント感想]

(ここまで感動すると思わなかったので、ツイッターに記載した感想を一部改編して記事にしました)

終わってしまいましたね、アニメポケットモンスターXY&Z」
もうね、語感力ないから上手い事言えないんですけども、
【最高 オブ 最高】でした!!!!

最高のアニポケシリーズをありがとう!.jpg
非の打ちどころがないとはまさにこの作品の事か
「アニメのロス」を感じ、常に空虚になっているのも、けいおん以来5年ぶりだと思います
アニポケは6歳?、無印2話からずっと見続けている一視聴者ですが、最早集大成ですよね

今だから言いますけど(都合いいねと思われようとも)、XY放送直前SPでV(ボルト)が先行して公開された時、あのOPの映像…作画の美しさも勿論ですが「サトシに仲間達が手を添える(サビ前)」シーンを観た時に(あぁ、これは凄い作品になるな)って心のどこかで確信してました。

いざ始まると今までのアニポケと違うスタートの仕方から始まり早速唸った
前作のBW編が酷いってのもあるんですが、作画も音楽もけた違いに素晴らしくて、細かい仕草や表情、ネタ枠のデデンネ作画…と痛感したのがビオラさん戦。中盤(サマーキャンプ辺り)は目新しさも無く、少々つまらなさを感じたものの、コルニが同行するあたりでその気持ちもすぐに失せ、サトセレのデート回からはもう常にうなぎ上りだった感じです



---------------------------------
各ストーリー感想は胸に秘めるとして、今回の4人の主役が本当に仲が良く、3年間飽きることなく見ている側もすごく気持ちよかった!こんなに感慨深くなってしまったのもこのパーティのバランスが素晴らしい

▼サトシは今までと違い常に「冒険漫画の主人公」だったのが大きい。アレだね、ワンピのルフィに近いんだ
今までは常に「良い意味でぶつかり合う仲間」だったのに対し、常に等身大で弱気な仲間達を引っ張る役となり、常に励まし続け、勇気と夢を与えていく。
そして最終回、それぞれの夢に向かって進む最高のラストを描く事に繋がった

そして当然完璧では無くて、終盤には時に弱さも見せるし、悩むことだってある。
それを前半の恩を返すかの様に仲間達が声をかけ、支え合い、結果カロス準優勝の座まで上りつめる事が出来た…そう、サトシというキャラクターが20年培ってきてようやく完成したのだ!!

まさにジャンプの方程式「友情・努力・勝利」ですよ!!
そりゃあ面白い理由も頷けます。そう、アニポケXYは「王道漫画」なのだ。う~ん、イイハナシダナー


-----------------------------------------------
そして語りきれぬ全てが詰まった最終回・・・・・。
正直ね、子供向けアニメだし、セレナが「サトシ(もしくはみんな)大好きだよ!」で告白してさ、 エスカレーター下る時サトシが(意味は分からず)「大好きだZ!」程度に終わると思ってたんですよ

aaaaa!!!!!.jpg


終わると


aaaaaa!!!!!!.jpg


思ってたんですよ…(悶絶)


性の喜びを知りやがって!(親心).jpg



(今の心境を語るなら 長い廊下の隅に寝転び
超スピードで絶叫・回転しながら往復しているニヤけ顔の僕の心境に似ている (ブッキー並感))


▼セレナはね、媚び過ぎない程度に視聴者に媚びていたから好かれたんだと思います
今までの女性キャラは大体自分の性格を一貫し続けていたけど、セレナの場合最初は弱気で、そんな自分をサトシと仲間達が自信を持たせてくれて成長していくのである。最後にパフォーマンスのおばさん(名前忘れた)の誘いを断ったのは意外だったけど、考えてみればそれだと「今まで通り、誰かにくっついていくだけ」なんですよね。自分自身で道を決め、夢に向かう決断をした。そう、一番今までの主役キャラで一番「成長」を魅せたキャラなのですよ!


-----------------------------------------------
放送時はセレナの別れ方に全部持っていかれたけれど、
一方で、ユリーカ凄く視聴者に向けたメッセージを伝えていた事に気付いてまた涙腺が緩みます
てへぺろっ.jpg

ガラにもなくカッコイイ感じで例えるならば全編を通して

サトシから勇気を、
シトロンから愛情を、
セレナから笑顔を。

最高の先輩から大切なものをたくさん貰って過ごした彼女は、最高のポケモントレーナーになるんだろうなあって確信しました。…そう、今思えばマサトとは違い、この物語はユリーカの視点で描かれているとも思えるのだ


-----------------------------------------------
▼シトロンに関してはもう少し自身の夢について話してくれても良かったかなって印象もありました
4人の中で一番成長は描ききれてないものの、今までサトシの男仲間は常に保護者ポディションだったので「常に対等で、並んで歩いていく仲間(友達って感覚の方が強いかな?)」がすごく新鮮でしたね

彼で欠かせないのは勿論ミアレジム戦。頭脳戦もあり、自分の中ではショウタ・アラン戦を超えてカロス編一番のポケモンバトルだったと思います。事前に約束・先に戻って修行って展開もいいよね
「この時間がもっと続けばいいのに」にはグッと心を魅かれたものです・・・




あんまり長過ぎると読む方も書く方も辛いので最後にしますが、今まで自分の中のアニメの頂点だったけいおんやハガレンを塗り替え(他にも色んな意味で好きな作品はありますが、タイムリーに追えて話題を共有できた事など総合的に観て)、一番好きなアニメは?と問われたら自信を持って「アニポケXYだ!!」と言い切れるくらい大きな存在の作品になってました。
※まぁポケモン好き補正は大分かかってると思います

スタッフさん、3年間最高の旅をありがとうございました。


これで心おきなく、アローラに…

・・・大きな声で「アローラ!」に…



・・・・・・・・アニポケSM、不安しかないZ!!(サトシのデザイン以外は割と好き)



http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2016-07-16
↑と絶賛しつつ、XYへの不満点も書いてあるXY編劇場版の感想はこちら


(次回更新はSM発売後。6世代同様、マニアック攻略やるかもです)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ポケとる 攻略・考察②!! スキルチェンジ/棒飴/クッキー 個人的推奨ポケモン! [ポケモン①:ゲーム全般]

▼スキルチェンジ
使って損なし!
・ライコウ(5つのちから⇒バリアけし+)
・ホウオウ(5つのちから⇒おくりび)
・イベルタル(ブロックくずし+)

おすすめ
・スイクン(ブロックくずし+)
・エンテイ(いわをけす+)
・デンリュウ(メガパワー)

人による
・ミュウ(ふりはらう+orブロックくずし+)
ドンファングランドコンボ)
・デデンネ(ショックこうげき)

注意!実は効率が悪い
・ブイズ(ふりはらう+)
・プテラ(いれかえ++)
・ヤミラミ・レパルダス(いれかえ+)


~~~~~~~~~~~~~~~~~執筆中デス…(完成時期未定)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ボルケニオンと機巧のマギアナ ネタバレ感想(注意) [ポケモン③:アニポケ・ポケスペ・イベント感想]

いつ壊れてもおかしくないPCを久々に開きました。起動までに30分以上。辛い。
スマホだとどうしても長時間バッテリーが持たないので、ブログの時だけは仕方なくPC使います
最近はツイッターで思った瞬間呟けるので、それでストレス解消?しちゃうんですよね…同時に放置していると昔の記事に無名でいちゃもん付けてくる小心者が多かったりするのも対応面倒臭いですハイ。ネットは好きだけど無名で強気になってエセ関西弁してる様な人間にゃ、これからもなりたくないものです

---------------------------------------------
▼さてさて余談はこれ位にして、「夏はポケモン!」 今年もやってきました
~XY劇場版感想リンク~
⑰好評の一昨年(ディアンシー)⇒ http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2014-07-19
⑱酷評の昨年(フーパ)⇒ http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2015-07-18

ぶっとべ.jpg

総括するなら「THE・中の上」!! 詳しくは下に書いていきますが…
ちなみに番宣でゲスト達が言う程、感動はしません。歳のせいかね?

しかし丁度昨年、金返せとまで酷評した「超魔人フーパ」の感想にも書いた「最近のポケモン映画に足りない要素」がこの映画にはぎっしり詰め込まれているように感じましたね!

例えば
・サトシが主役である意味が描かれている
・仲間達や手持ちの出番・活躍が非常に多い
・メガウェーブ以外は、全体的に話に筋が通っている(去年が酷過ぎただけだが)

▼まずキャラクター面。これは間違いなく良い配役。
しょこたんさんも猛プッシュしてますが「ボルケニオンが超男気!!」
今までの主役ポケモンって基本「神々しい・無邪気・街ぶっ壊し」の3種がお決まりで、マンネリ臭いのが嫌だったんですが予告でも分かる通りの「ツンデレおっさんは斬新で燃え…萌えますね!!
一方相棒のマギアナも無機質でクソカワイイ[黒ハート] 彼女も今までにないタイプじゃないかな?
人間側の声優陣も違和感なく、最後まで改善しない生粋の悪役ジャービスも良いね
そうだと信じたくない、現実.jpg
・・・・・アニポケ本編でも最近では珍しいタイプなんですよね、一貫した悪役って。

近年では一番サトシが主人公らしい活躍をしていた点も大きいかな。なんというか…ボルケニオンに張り合う辺りとか、歴代で一番体を張る感じ・損な役回りを演じているのは懐古勢にとって懐かしく、ただただ嬉しかった。
シトロン開発の防護スーツとマサラ人の身体能力があればポケモン要らないよね!って皆思った筈
…強いて言えば旅を促す以外にもラケル王子に、もう少し世間の広さを伝える台詞が欲しかったかな


▼ストーリーは…少々強引なところもあるけれど、こちらも高評価。
今までの予告CMや番組を繋ぎ合わせりゃ、大方分かってしまうストーリーです
ラストはボルケニオンもマギアナも無事生還してハッピーエンド。自分は映画前、マギアナを作ったエリファス博士が生まれ変わったのがボルケニオンなんじゃないか?(その展開だったら多分事前に知ってても感動した)とかいくぐってましたが、そんな事は特になかった。 正直、もう少し捻りがあってもよかったかなぁ。ボルケニオンが死なないのも、「ポケモンは嘘をつかない」と分かりやすい伏線を張っていたので、ラティオスの様に悲しい終わり方をしないのは分かりきってましたし。要は自分、物語にインパクトあって欲しい派なんです、えぇ。

10プニ.jpg


------------------その他あれこれ------------------
・プニちゃんのうた
・冒頭、アニポケ本編では描かれなかったアランVSコルニ。これは嬉しい
・タブンネの寝巻
・OPがバトルから始まるのは大概名作だよなぁ…オンバーンの空中旋回が映える!
・ハリマロン指名されず、一瞬残念がるの見逃さなかったヨ
・本編同様、絶対にスカートを隠すセレナちゃん
・デデンネのピカチュウサーチ、地味に役立ってるw
・シトロンはすぐ街の仕組みに気付いた様です
・サトシのコスプレ大会。腐女子歓喜しそう。あの鎖あるのにどうやってry
体重を気にする乙女なマギアナちゃんきゃわわ

・映画だと地味に初?R団の落とし穴
・ちゃっかり体操してるマギアナとユリーカ
・ボルケニ無双
・唐突なハンターさんちっす
・アマルスちゃんが自分で怪我を冷やす…氷タイプの特性なのね
・ルチャブルパイセンは何を教えているんですかねェ…?
・野生のポケモン達に人の良さを伝える筈なのに何故関係ない事ry
・ニャスパー単独のシーン×2とか、絶対一部スタッフの職権乱用だろ!許す!
・始終ぷるぷるのゴクリン僕も抱きしめたい[黒ハート] あと、毒液役に立ち過ぎだろ!!
・ボルケニオンにも多くを語らないゴクリン、君は一体…
・ゴンベに乗られてるオタチ大丈夫・・・?
・ステロ+エレキフィールドは起爆トラップになるみたいです

・手持ち全員の総力戦はまさに自分がポケモン映画に求めていた光景そのもの…!
・飛行タイプが3匹も居たのはこの映画のためだったのか!(?)
・しかもBGMがXY&Z
・セレナ「絆の無いメガシンカに負けるもんですか!」 …今作の名言ですね
・プニちゃん10%をピカチュウといれ違いに助けるシーンに鳥肌たった
・アニメより早い100%
・色違いではなく、塗装だった色(仮)マギアナ
・脱出時、強制メガシンカしたポケモン達、どうやって浮かんでたんだ…?
・プニちゃんいつの間にかご帰宅
・「危なっかしいから支えてやれ」


・・・今覚えてるツッコミポイントはこの位かなー(追記する気はないZ)



-----------------------------------------
▼ただやっぱり、声に出して言いたいのは「ファンが喜ぶ要素があっても良い」点。
去年も言いましたが【映画は本編ではなく、年に一度の祭】なんですよ!(自分の中では)

最近特にそういうのを感じるのは、同じ長期子供向けアニメの遊戯王の存在があります。
過去のシリーズで出ていたキャラ(世界観)が再び登場して、日曜夕方を毎週賑わせているのをご存知でしょうか?自分も詳しくは知らないけれど、新参の人にも昔からのファンにとっても、物語の邪魔をしない程度に過去のキャラクターを出していく、素晴らしい心意気だと思います。
他の長期作品ならばONEPIECEのインペルダウン等で過去キャラが久々に出ると嬉しいですよね。あの感覚が欲しいのです。特にサトシやロケット団には過去の冒険を忘れた事にして欲しくないのですよ!!
…勿論そこまでいかずとも、直接そういうキャラや台詞が絡まなくてもいいんです
今度はそういうのを知らない世代に影響出ちゃうからね


BW編まではEDで懐かしのキャラが出たり、アニポケ本編で登場していたキャラがこっそり出てたりと、その位でもいいんです!ネタバレありなので言っちゃいますと今年の映画は冒頭以外、本編を観てる人ならニヤッとするネタはほぼありません。本編は100歩譲るけど、見たい人がお金を出してまで見に行くなら毎年3つ4つ位は懐古ファンが喜ぶネタをこっそり提供してくれるのを期待したいです



主題歌はXY編3作品とも素晴らしいです。

ツンデレおっさん×優しい姫とかたまらんな!.jpg



さて最後に、大きな声で言いたいもう二声。

・タイトルの「カラクリ」要素どうでもいい程度にしかないじゃん! 
ジャービスは空中要塞を手に入れて、結局何がしたかったんだ!?



・ゴクリン&ヒトモシ&ニャスパーの僕の癒し枠3強とか誰の差し金ですか?(握手)



▼アニポケXY編の中辛総括です


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ポケモン赤緑青黄 ジムリーダー簡易攻略! [漫画・ゲームを語る!!]

…と、その前に! ⇒http://dameblog.blog.so-net.ne.jp/2006-03-01(ハズカシイカラ ミナイデネ)
当ブログ本日をもちまして「開設10周年の運びとなりました!!」
モ、モエルーワ!.jpg

すげくないですか?よもやこの麗しきSNS社会に置いて、未だブログを10年も更新し続けるなんて!(ここ何年かはだいぶざっくりしてますが)しかもほぼポケモン一筋!これだけ愛しても、これだけ続けても閲覧数もフォロワーも少ないんだから本当に自己満足の極みに位置する負け組ダメ人間だよね!
ぐう正論.jpg

7世代サン・ムーン発売決定、ポケモン20thを迎えた事も含め、記念イベントでもやりたいところですが人がいるわけでもなし、結局何もないまま時は過ぎていきそうです…(マイナーチェンジ版とか発売する前は、GTSで旅のお供ポケモン配信とか毎回やってるんですけどねw)



-------------------------------------本題。
▼初代VCの簡易攻略サイトすらろくに見かけないので、勝手に攻略しちゃうよ記事
現在進行中ですが、やはりXYと比べ比較的難しいですね初代は。
でも力技でなく攻略に「頭を使わせる」点ではポケモンの楽しみ方を冒険しつつ覚えるから、個人的には初代~DP位の難易度は欲しいところです。…という雑談は置いといて、GBを触った事のない若い世代のために、ざっくりと攻略法を書いてイキマショカ!!

----------------------
①タケシ(ニビジム) イシツブテ・イワーク
近場でゲット出来る有効な子⇒マンキー(赤/ピカ)・ニドラン(共にトキワシティを左の草むらに出現)・バタフリー
ゼニダネは問題なし。ヒトカゲを選んだ人は苦戦する~とよく言ったものですが、実際は岩技を使わない点、特殊が低いのでひのこでゴリ押しでも勝てたりします。ピカチュウは流石に相方が欲しい。
技「がまん」の最中は「なきごえ」で攻撃力を減らす事に集中するのがベスト。ちなみに、地味に「なんでもなおし」を持っているので毒による長期戦狙いは意味ないので注意!


----------------------
②カスミ(ハナダジム) ヒトデマン・スターミー
近場でゲット出来る有効な子⇒ナゾノクサ(赤)・マダツボミ(緑)・ピカチュウ
「かたくなる」を使う2匹を持つのに「ディフェンダー」を使うぞ!
ピカチュウを使う場合、ダメージを半減出来ないので2確で倒す位のレベルが欲しい。出来れば先に上の道路かでレベル上げしたい。ピカ様を使わない、持ってない場合はトキワの森へ引き返し…たいのだが、4番道路に阻まれて戻れないため、上の24番道路で草タイプを捕まえて25番道路で鍛えるべし。
引き返す事が出来ないので、それ以外の方法だとピジョンやニドリーノ等の進化系で挑むしかない。


----------------------
③マチス(クチバジム) ビリリダマ・ピカチュウ・ライチュウ
近場でゲット出来る有効な子⇒イシツブテ・ダグトリオ・サンド
もっぱらディグダの穴に出てくるレアカウント「ダグトリオ」がスムーズクリアの定石だけど、サントアンヌ号や9番道路にトレーナーが多いので普通のパーティでも意外と難なくクリアできるのは内緒。
この時点でも多くのポケモンが覚える「あなをほる」をハナダの泥棒で貰っているので、ライチュウと対峙させるポケモンにに迷わず使う事
一番の理想はディグダより「イシツブテ」で、ノーマル技半減なのでほぼ無双に出来る。

ピカ版:ライチュウ一体のみ。その分レベルも技も(メガトン拳・蹴)半端ないので、地面タイプがいなければ1匹で仕留めようとせず、「でんじは」や「粉」で状態異常にして総力戦で挑むと良いと思われる


----------------------
④エリカ(タマムシジム) ウツボット・モンジャラ・ラフレシア
近場でゲット出来る有効な子⇒ガーディ(赤)・ロコン(緑)
毒+動けなくなる「まきつく」が厄介。
相手は「特殊」は高いが「防御」は低めなので、育ててきた飛行タイプをぶつけるべし!
しかし1体1体の能力が高いので、飛行1匹でゴリ押ししようとしない事。タマムシ右の7番道路に出る炎タイプを捕まえて、ジム内のトレーナーで鍛えておけば今後旅パのエースになる筈です。炎技を中々覚えないので、意外とブースターは足手まといになるかも…
先にサイクリングロード上で「そらをとぶ」を貰って、覚えさせるのが理想的

ピカ版:アニメ基準とは言え、ウツドン・モンジャラ・クサイハナになる弱体化っぷり


----------------------
⑤キョウ(セキチクジム) ドガース×2・ベトベトン・マダドガス
おすすめ有効ポケモン⇒ニドキング・ニドクイン・ある程度育てたエスパー系
「縛りプレイ」では難所の一つとされる卑キョウ者。まあとにかく戦い方がロバート山本。
ヤマブキジムとエースポケモンのレベルが同じ事もあり、どちらを先に攻略しようか悩ましいが、向こうは最強種エスパーなのと先に「なみのり」が使える様になるコチラからの攻略を推奨です

毒状態からの小さくなる&自爆と長期戦は不利になる。ニドラン系がいればお得意の毒を受けず半減し、地面技で攻めていける。忘れがちだがこの時代特性「ふゆう」はないので地面技が当たる!
まぁ戦い方は面倒ですが、この辺りまで来れば素でも御三家は最終進化もしてるでしょうし、12~15番道路やサイクリングロードに大量にトレーナーがいるためレベルをガンガン上げる事も可能なので、タイプの相性考えなくても力押しでいけるかなぁ。
…余談だが、地味に「プラスパワー」も使ってくるフォ

ピカ版:台詞にあった「ねむり」状態はここの伏線だったのか。コンパン×3、モルフォンを使用
何故か「ねむり」と「どくどく」「サイキネ」を全員無駄に覚えてるため、赤緑より正直クソ弱い・毒技もない。


----------------------
⑥ナツメ(ヤマブキジム) ユンゲラー・バリヤード・モルフォン・フーディン
オススメ有効ポケモン⇒ヤドラン(エスパー半減で水技が撃てる)・サンダース(ミサイルばり、特防が高め)
恐らく初代最強のジムリーダー!何故かモルフォンが手持ちにいますね
悪や鋼どころか、そもそも虫・ゴーストの攻撃技がないため効果抜群すら狙えない時代です
幸いロケット団の件を終えた後なので、しっかりシルフカンパニーの団員を殲滅して居れば相性が悪くない限りは手持ちのメンバーで十分対抗できる筈(平均40は超えたい)

この時代は永続の壁…バリヤード(光の壁)とフーディン(リフレクター)がいるので、ノーマル技や飛行技、岩や地面の物理中心で攻めて、貼られなかった方の壁の分類技で攻めるべし!
「とくしゅ」が特防も兼ねてるため、こちらの特集技が通用し難いのもお忘れなく。
またフーディンやユンゲラーは自己再生がメンドイので、確2とれる位の余裕は欲しい
ゴースト系はこの時代毒タイプ複合しか居ない&舌でなめる程度しかないため、サトシ君を参考にゴーストタイプで挑もうなんてのはNG。虫タイプの技もダブルニードルが使えるスピアー位しかこの時代には居ません

ピカ版:ケーシィ・ユンゲラー・フーディンのみ。より確2の意力が求められるハズ


----------------------
⑦カツラ(グレンジム) ガーディ・ポニータ・ギャロップ・ウインディ
近場でゲット出来る有効な子⇒ヤドラン・ゴルダック・キングラー・シードラ等
(グレン右にある「ふたごじま」で捕まえられるレアカウントは、初期レベルも40前後と高い)

キャタピーは進化してもバタフリーになりません(白目)
キョウを倒し「なみのり」が使えれば、ナツメをすっぽかして先に挑むのもアリ。
この島まで背中に乗った、波乗りを覚えさせているまさにその子がそこの試合のエースになる!
炎は半減できるタイプも、弱点突けるタイプも多いため、「なみのり」「じしん」「いわなだれ」を覚えている同タイプがいれば全く問題なし。仮に水地面岩タイプがいなくても、これらは割と別タイプでも覚える子が多い。
ジュゴンやラプラス、パルシェンは氷複合なので半減できないのは注意。
いいキズぐすりも使うが、さして問題はない。

・ピカ版:キュウコン・ギャロップ・ウインディの初代3代炎進化系が相手になる。
一体一体のレベルが50前後で、リフレクター等も使うため、素早さが高い水タイプ中心の攻めで。


----------------------
⑧サカキ(トキワジム) サイホーン・ダグトリオ・ニドキング・ニドクイン・サイドン

FR・RGのナナシマで観た写真の衝撃は今でも忘れられません…
例によって弱点ばかりの地面チーム。ここまで来たら共に苦楽を共にした手持ちで行きましょう
驚く事に、赤緑青版だと地面タイプ大技「じしん」を誰も覚えていない!加えてサブ技もたいあたり!どんだけナメてるんだ、ガルーラの方がまだ強かったぞという堂々な舐めプレイ。そのため大技と言う大技は一撃技「じわれ&つのドリル」程度。運悪く一撃技さえ当たらなければ、タイプの相性気にしなくても勝てる。

ピカ版:サイホーン⇒ペルシアン(先発はダグトリオ)に変更、レベル上昇、地震・岩雪崩習得
ニド系は「かみなり」を覚えているので中途半端な育て方をした水タイプは避けるべし!





とりあえずジムリーダーまで!四天王戦は…閲覧数によるかな(ぉぃ


▼7世代とのリンクに関した、ちょっとマニアックな考察は↓からドゾ

「サン/ムーンと初代VCが繋がると…?」


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:アニメ

ポケモン今昔 初代VC 攻略記事(縛りプレイ・隠しアイテム編) [ポケモン①:ゲーム全般]

「新年明けましておめでとうございます」
              ブログ10周年間近でこの更新の遅さよ…






まぁ地味~にヒロアカのページは時々更新したりしてますが
ポケモン生誕20周年が、もう目の前まで来ているのですよ!!
…って事で一昨年ORASの際大好評だった、斜め上の攻略記事(閲覧数が万単位と10年続けてきたブログの中でも圧倒的に上位)の赤・緑・青・ピカ版VCのマイナー攻略をやっていきたいと思います




・・・。



うわあああああああ!!!.jpg



・・・・・と思っていたのですが、何せネットも普及していない20年前の作品。
そもそも初代ポケモンの攻略サイト自体があまり存在しておらず(中途半端な更新で放置されていたり、文字化けで見れない)そもそも昔の作品のため、単純にクリアを目指す一本道ゲーム。斜め上視点もマイナーもなにも、そもそも他攻略サイトの「基準」がワカラネェので特別書く事も少ないみたいっす(ぉぃ


初代経験者なんてもう少ないんじゃないかなぁ…って事で今の違いを簡単に纏めると
①とくこう・とくぼうが「とくしゅ」に統一されている
②鋼・悪・フェアリータイプが存在せず、タイプの相性や技のタイプに若干の違いがある
③「とくせい」もない。技の種類も当然少なく、単調な攻防が主流
④たまごやwi-fiがないため、ほぼ自力で求めるポケモンの収集を行わなければならない
⑤道具全般が超不便。技マシンは一回使い切り!持ち物も持たせられない!容量も厳しい
★クリア後のやり込み要素はほぼない(育成も可能だが超シンドイのでほぼクリア目的)


細かい事やカントー旅に最低限必要じゃない事を除けば、こんなところかな…?
(いや、今即興で思いついたのだけなので大きな事忘れてる気もする)
改めて最近のポケモンは優しい環境だなぁって思わされます。科学の力ってスゲー。
何かと不便な1世代ですが、昔はそれでも「限られた選択肢から、どうジムリーダーを倒そうか?」と子供ながらに考え、「冒険」こそポケモンの醍醐味な自分はまたそこが好きでして…[黒ハート]
最近のポケモン、特にBWやXYは正直ヌルいよね!
強力な道具がバンバン序盤から貰えるし、それでいてボスの立ち位置であるジムリーダーはその辺の野生と大差ないレベルのポケモンを三匹以下使わないため、子供に対する配慮とは言え正直甘過ぎると思います




-------------------------------------




そ・こ・で!!
前回の記事でも語ってますが「縛りプレイ」ですよ大人の皆さま!!
今ある知識でクリアなんて正直ヨユーじゃないですか。どうせ1度はやったものを改めて買うのならば、少し難しい環境にあえて身を投じてみませんか!?普通にやったらまたポッポに空を飛ぶ要員を任せ、トキワの森でピカチュウを粘り、足りないタイプをイーブイで補い、ラプラスの背に身を委ねるの繰り返しじゃないですか!?

▼~~有名な縛り一例~~▼

・運に頼る独自ルール/時間縛り
⇒これは鬼畜縛りというタイプが大半。実況動画にして大体評判になる
・ポケセン縛り
⇒回復が出来ないので結構高難易度。しかし基本道具はOK!意外とキツイのがPP不足
・手持ちポケモン数制限縛り
⇒多くが1匹だけで殿堂入りを目指すタイプ。好きなポケモン3匹で~とかも面白いかも。
一匹に集中して経験値が入るため、選ぶポケモンにもよるけれど思うほど難しくない。

・同じ色縛り
⇒同じ「体の色」で統一する縛り。XY等のポケモン図鑑にある「色検索」を参考にすべし。
意外とやってる方がいないので自分はこれで挑戦予定
(緑版だから緑統一?叫ぶ事になるぞ……)
・タイプ縛り
⇒対戦でも有名なヤツ。同じタイプのみでクリアを目指す!やりきれば愛に溢れる気がする
タイプによっては難易度は様々。DSが2台ないと、序盤に揃えるのが大変な場合もある
・道具縛り
⇒逆にポケセンが使えるので、これは比較的簡単な部類
モンスターボール不可、は前半キツイが後半はイーブイ・化石・ラプラス・拳蹴が手に入るので楽


人から貰った/指定されたポケモンだけで~とか、アイドルポケモンだけ~とかも有名かも。
折角やるんなら、しかも多くの方が再プレイであろうゲームですし、オリジナリティ付けたい。
今回は尚更「殿堂入り」が終着点だからね!(今作で対人戦なんて想定してるぼっちがいるのだろうか)
人様のプレイスタイルにつべこべ言うのもどうかとは自負している(うん。)




-------------------------------------
・・・書いていて気が付いたが、結局何一つ攻略しないタイトル詐欺記事だった。
このまま締めくくるのも何なので、仕方ねェ。隠しプレートの記事も大好評でしたし…
私が当時初代の攻略本に書き込んでいった自慢の隠しアイテムリストでも記載しちゃいましょうかねェ!…と思ったら、こんな優秀な動画ありやがったよ!!




…素晴らしいです。完璧です。隠しアイテム探すのは当時から大好きだった事もあり大体は知っていましたが、ダウジングに反応しないアイテムまで存在していたとは…恐れ入りますゲーフリ

とはいえ基本的には普通に買える道具が殆ど、PP回復もポケセン縛りでもしない限りはほぼ不要。
強いて挙げるならお月見山&グレンの研究所入口にある「月の石」でしょうか
当時の月の石が必要なポケモンは4種、それに対し普通に歩むと2つしか手に入らない(筈)です



じゅ、需要があればあんまり観ないし普通の初代攻略ページとかも書いてみようかなッ!?
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。